テニスボールの色

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。

高校、大学とテニスに明け暮れた日々を過ごしましたが、
先日、テニスボールの色について、話題になっていたことを知りました。

かつては白だったテニスボールですが、暗くなった時に見えにくくなったり、
白線と同化してしまったりするために、いつの間にか蛍光イエローが主流になりました。

そのボールが、「黄色」なのか「緑」なのかが、一部で盛り上がっていたようです。
ツイッターで、どのように見えるかの投票が行われたほどだったとか。

驚いたのはその結果で、緑に見える人が、
黄色に見える人を数パーセント上回っていたそうです。

それを受けて、ある人が、世界ランク一桁のテニス界の王、
ロジャー・フェデラー選手に尋ねた人までいたとのこと。

そもそも、国際テニス連盟で、テニスボールの色は黄色、とされているので、
緑に見える人が多数派だったことが衝撃的でした。

同じものが、見る人によって色の見え方が違うという現象は、
対比という説明だけでは済まない、奥深いものであることを知りました。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。