05

2018/10

IROJITEN

17:20:12 | 学習について

色鉛筆

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定試験に向けての準備はいかがですか。
一つ一つ、覚えて行ってくださいね。

以前のブログでも少し触れましたが、
トンボ鉛筆のIROJITENという色鉛筆をご存知でしょうか。
その時には「忘れな草色」をご紹介した記憶があります。

10色ずつのボックスに入って、更に、本のように3つのボックスが箱に収まる
30色展開のパッケージも素敵なのですが、第1集に収められている色のカテゴリーが、
1箱目がペールトーン、2箱目はビビッドトーン、3箱目はディープトーン、
と、聞きなれた(色の勉強をなさった方には)ネーミング。

そしてそれぞれの色名も、「珊瑚色」や「ライラック」、
「シャルトルーズグリーン」と、親しみのある色名になっています。

色を覚えるために唱えていた色名の色を「使って」みる。
新鮮な体験ですよね。

第3集まで発売されていて、第2集にはペールトーンとディープトーンに加えて
ライトグレイッシュトーンが、第3集には蛍光色とベリーペールトーンとダルトーンが含まれています。

どちらにも、例えば「一斤染」や「サンセットオレンジ」、
「麦わら色」や「鳩羽紫」といった、わくわくする色がたくさんあって、
やっぱり童心に帰って絵をかいてみたくなってしまいます。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。