19

2018/11

メダカの色

19:25:11 | 学習について

メダカ

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

東商のカラーコーディネーター検定を受けられる方は、準備はいかがでしょうか。

決してあきらめず、毎日少しずつでも、学習を進めていきましょう。

 

最近、メダカが人気と聞きました。

価格が安いことに加えて、水槽に装置が必要ないため、

気軽に飼い始めることができるのが理由の一つだそうです。

 

また、狭いスペースでも良いので、小さい水槽や容器で飼えるのだとか。

数年前に流行ったガラス瓶のようなもので飼って、

窓辺に並べてインテリアとして鑑賞されているそうです。

 

また一方で、新しい品種を作るのに特別な知識が必要ないため、

一般の人も手軽に新しい品種を作れるので、

現在メダカの種類は500品種以上、10年前の5倍にもなっているのだそう。

 

メダカの色は、黒色、黄色、赤色、白色、虹色の5つの色素胞によるもので、

その5つの色素胞の組み合わせで新しい体色が変化し、新しい品種として登場していくようです。

 

その一方で、日本古来のメダカは絶滅の恐れがあるとのことなので、

観賞用のメダカを、自然界に返すなどには気を付けないといけないですね。

 

水族館に行かないと味わえない癒しが、手軽に楽しめて、自分で改良もできる、

人気の理由がよく分かった気がします。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。