26

2018/11

三菱ユニの色

19:26:12 | 学習について

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

東商の検定を受ける方は、もうすぐ本番ですね。

体調に気を付けて、万全の体調で臨んでくださいね。

 

先日、色のみの特許が登録されるようになったとお伝えしましたが、

この秋、三菱鉛筆の「uni(ユニ)」と「Hi-uni(ハイユニ)」の色が、

特許庁によって「色彩のみからなる商標」として登録されたそうです。

 

文房具屋さんで必ず見かける、あずき色のようなユニ。

その発売は1958年、今年60周年を迎えるのだとか。長い歴史がありますね。

 

その後1966年に発売されたハイユニは、最高級鉛筆として生まれましたが、

その当時から、ユニのあずき色と黒に対し、金を加えて高級感を表すという、

色のイメージやその表現のされ方が変わっていないことが、改めてすごいと感じました。

 

ちなみにこの商標、最初に登録されたのはやはり文房具で、

トンボ鉛筆のMONO消しゴムと、セブンイレブングループの色使い、

続く3番目は、三井住友ファイナンシャルグループの、グリーンの配色。

それに続いて、ファミリーマートの色が登録されています。

 

街でも、目的の銀行やコンビニエンスストアを探すのに、色で探していますよね。

この色と言えばこれ、の組み合わせが、人々に浸透しているのは良いことのように感じます。

 

一方、久光製薬のサロンパスのパッケージの色や、

円谷プロのウルトラマンの色などは、出願されたものの、拒絶査定となっているのだということです。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。