みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

もうすぐクリスマス。クリスマスのシンボルカラーは赤と緑ですが、

これは、かつてクリスマスに、緑の木に赤いリンゴを飾って祝ったことからきているとのことです。

色とイメージも、勉強してみると面白いものですね。

 

東商のカラーコーディネーター検定2級テキストに掲載されている、

ダイヤモンドの輝きの理由は、読めば読むほど自然の力と人の力の大きさを感じますが、

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという色付きのものがあって、

ますます神秘を感じてしまいます。

 

先日、カラーダイヤモンドの中でも珍しいと言われる

ピンク色のダイヤモンドが、世界最高額で落札されたというニュースを見ました。

 

それは、ピンクという色の中でも、その色の濃さなどでランク付けされた中、

ファンシービビッドという、ピンクが濃く鮮やかに出た最高ランクの石。

19カラット近くある逸品で、1カラット当たり約3億円の最高額がついたそうです。

落札したのは、あのハリー・ウィンストン。最高級のダイヤを扱うことで知られる宝石店です。

 

本来、すべての波長を同じように反射するダイヤモンドですが、

内包物などにより、わずかに長波長を多く反射していて、

ピンクの色味を発する神秘。

 

オークションを主催したクリスティーズの国際事業責任者曰く、

世界最高級のダイヤの一つだとか。

その神秘、もちろん見るだけでいいので、何とかしてみてみたい色です。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。