30

2020/01

東京タワーの色

10:00:54 | 学習について

shutterstock_352577594

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
ご自分のペースで、着々と検定試験に向けての学習を進めていってください。

友人と丸の内で食事をして、ふと思い立って2階建てバスに乗った時のこと。
生まれ育った東京にも、知らないことがたくさんあるな、と思いながらよく見知った街を高いところから眺め、ガイドの方の解説に耳を傾けながら、より近い空や木々を楽しみました。
東京タワーの下を通り、見上げた空に映える東京タワーの赤と水色のコントラストがきれいだな、と思っていたところに、ガイドの方の解説。
東京タワーは5年に一度、職人の方々の手作業で塗り替えているそう。そして、
「皆様、東京タワーは赤いと思っていらっしゃるかと思いますが、実は東京タワーは赤ではなくてオレンジなのです。」
赤と水色のコントラストがきれい、と思ったところでしたので、なおさら、そうだった、と思いました。
東京タワーの色はインターナショナルオレンジ。
航空法で定められた、昼間障害標識の色です。
飛行機が認識しやすいよう、高い建築物やクレーンなどはこの色に塗るよう定められています。
そして日が落ちてからは、人々を魅了する東京タワーの輝きは、令和元年から、インフィニティ・ダイヤモンドヴェールという新しいライトアップになり、
毎週、金曜と土曜の20時から、月ごとに決まった12色のカラーに煌きます。
今月の色は黄金色。
電波塔としての役目を終えた今、新しい時代を彩る存在として、なお輝きを放っている東京タワーです。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。