前回、色は全身で感じるものである、というお話をお伝えしましたが、
今回は、真っ赤な部屋と真っ青な部屋の実験結果を活用している例をお伝えしましょう。

かつては、看護師さんの制服は白のイメージが強かったように感じますが、
昨今では、入院病棟によって色を変えているケースがあるようです。

例えば骨折など、早く退院した方が良い病棟の看護師さんはピンク色、
長期療養が必要な患者さんの多い病棟は水色の制服を着るそうです。
ピンク色は、実際より長く入院しているような気分になり、早く退院しなくてはという気持ちを促し、
水色は、長く入院していても実際より短く感じるようにするための工夫ですね。
病院によっては、壁の色も塗り分けされているとのこと。

産科病棟にピンクが多いのは、イメージとの関連もありそうです。

色の効用は、さまざまな所に活かされています。
皆様も、是非、探してみて下さい。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。