「バムとケロ」シリーズの絵本をご存知ですか。

絵本のコーナーで、どの書店でも平積みにされている、
おそらくとてもロングヒットしているカナダ在住の島田ゆかさんの作品です。
色がきれいで、細部までこだわったバムとケロの様子がいきいきと描き込まれていて、
見ていて飽きず、楽しい気持ちになる作品です。
1994年から、1、2年おきに現在5冊が出版されています。

先日、横浜のデパートで原画展が催されたので行ってまいりました。
その会場で島田さんがインタビューにお答えになる画像が流されていて、
色に対するこだわりを話していらっしゃいました。
色を決めるのに丸一日かかることもあるとのこと。

絵はガッシュ(不透明水彩絵の具)で描かれていますが、
同じメーカーの同じ色名の絵の具でも、
日本で売られている色とカナダで売られている色とは微妙に異なるのだとか。
そして、原画とともに、使われた色が何色と何色を混ぜて作った色か、
一覧にした色見本が展示されていました。

色彩のテキストでいう「色見本」と言うと、なんとなくつかみどころがなく
理解しにくい方もいらっしゃるかもしれませんが、これも「色見本」。
次回同じ場面を描くときに参考になさっているとのことでした。

個人的には、なぜカナダと日本ではガッシュの色みが違うのか、
追及してみたいところです。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。