19

2013/03

リヤドロの色

0:00:26 | 学習について

雛祭りの前に、店頭でとても素敵な雛人形を見かけ、思わず足を止めてしまいました。

ポーセリンでできたリヤドロのお人形をご存じでしょうか。

2013年、創立60周年を迎えるスペインの会社で、粘土で形作った人形から型をとり、人形の形に作り上げた後、絵付けして焼き上げられます。

この微妙な色合いは、熟練した絵付け師が彩色するのですが、4000種と言われる色をイメージ通りに使い分けて行くのだそう。焼きあがったときの色の変化、釉薬をかけた時の効果など、経験と勘とで色が施されていくようです。

その独特の色みは、グレイがかったおだやかで優しい色合いで、飾られた内裏さまとお雛様の姿に、心を奪われてしまいました。

リヤドロはお雛様だけでなく、動物モチーフや子どもモチーフなど、そのいきいきとした表情も素晴らしいデザインが揃っています。

ぜひ我が家にも飾りたいところですが、お値札を見るとあの地震の揺れがよみがえって、どうにも財布のひもが緩まない…。しばらくはお店で眺めさせて頂きましょう。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。