入園、入学シーズンに、新しいカメラを入手なさった方もいらっしゃるでしょうか。
近年、デジタル一眼レフのカラーバリエーションも豊富になり、ボディ、レンズ、ズームレンズとパーツごとにオリジナルの色を選べるシリーズなども発売されているようですね。
みなさまは、そんなカラーバリエーション豊かなカメラの色をお選びになる時、どんな基準で選ばれますか?

一般には、黒、シルバーに、ゴールドやメタリックブルー、メタリックレッドなどを多く見かけますが、先日、PCCSでいうV24あたりの濃いめのピンクのカメラをお使いの方がいらっしゃいました。
その理由は、「子どもから見つけやすいように」。

学校行事など、遠くから我が子を見つけやすいよう目印になる色を身につけさせる話は聞いたことがありましたが、撮られる子どもから見つけられやすいようにカメラの色を選ぶ、とは・・・。親の深い愛を感じる、カメラの色選びでした。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。