02

2013/12

「測色」

0:00:29 | 学習について

A・F・Tでは1級の試験範囲である「測色」というシステム。色を測ることによって、色を数値で正しく表すというものです。
測色には測色器が使われますが、最近、スマートフォンからあらゆるものの色をスキャンしてデータ化できるセンサーとアプリのキットがあると聞きました。

取り込まれた色は、ペンキ、絵の具などで再現することができるとのこと。
街で見かけた良いと思った物の色を、カメラで撮影して記録することはありますが、このアプリは、もっと正確に色の記録が可能です。

スマートフォンのアプリからセンサーでスキャンすると、その色を読み込み、「RGB」「HSL」「HSV」「CMYK」などの方式で表示され、その色を壁塗料やペンキ、水彩絵の具、着色料などで着色するとどんな色に仕上がるのかも見ることができるそう。気に入った仕上がりや質感のものがあれば、その着色剤が販売されている店舗を調べることもできるとか。なんとも魅力的なアプリですよね。

お恥ずかしながらスマートフォンは活用しきれないと判断してまだ切り替えていない私ですが、少々気持ちが動きました。便利ですねぇ。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。