大阪大学の研究で、照明の色で感情を表すという
システムが開発されたと聞きました。

風船のような球形の照明器具で、
触り方によって怒りや喜び、悲しみ、親しみと言った
感情に起因する触り方を数値化することで、
照明をたたいたりなでたりすると、その色が変わるのだそうです。

今後、感情に反応する照明として商品化を目指しているとのこと。

思えば我が家の愛犬などは、まさに私の感情を一身に受けて、
いろんな色に変わってみたいくらいなのではないでしょうか。

犬に触ると言う行為は、触るほうも触られるほうも癒しの効果があると聞きましたが、
この照明でも、同じような効果が得られるのではないかと思いました。

シンパシーが得られれば、照明の存在も、愛おしくなったりするのでしょうね。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。