27

2014/10

いろいろ

0:00:18 | 学習について

「今日は何して遊んだの?」と息子に聞くと、
話すのが面倒くさい彼の答えはたいてい「いろいろ」。

「いろいろ〔色々〕」の意味は、「異なる事物や状態が数多いこと。さまざま。」

ですから、曖昧さを好む日本人の表現としてよく使われてきた言葉だと思います。

その「異なる事物や状態が数多い」ことを、
色がたくさんあることに置き換えたところが、
また日本人の感性の豊かなところ。

春の花の咲き誇る彩り、秋の紅葉の彩り、
そのたくさんの色が数多くあるさまを「色々」と表したところが、
語源なのでしょう。

今日は誰と何をして遊んだのか、具体的に話を聞きたい母親としては、
「いろいろ」は少々気に入らない返事ですが、
きっと彼の一日は、彩り豊かなものであったのだろうと思い直し、
すくすくと成長してくれることを願うことにしてみます。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。