先日、富士サファリパークで夜6時から催される
「ナイトサファリ」に行ってきました。

10年以上前に行った時は、
近所の自衛隊から払い下げられたという赤外線スコープを片手に、
バスから暗闇にうごめく動物を眺めるというもので、

レンズ越しにぼんやり見える白黒の物体は、
あまり動物らしくなく、いささか「…」というものでしたが、

現在はかなり改善され、マイカーを乗り入れ、
肉眼で近距離を歩く動物を見られる照明と檻のない計算されたエリアに、
夜の動物たちの姿を楽しむことができました。

赤外線スコープの白黒映像が興醒め、
だったと思われるのですが、最近、特殊赤外線カメラが開発されたとのこと。

近赤外線を照射することで、
色を見る事ができるようになったというのです。

そのスコープで見れば、トラもシマウマもヒョウも、
暗闇でも生来の色みごと楽しめるなんて、
一度ぜひ、昔のナイトサファリで試してみたいと、
ドラえもんにお願いしたい気持ちになりました。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。