09

2015/03

話題の色鉛筆画

0:00:29 | 学習について

中野の風景を、色鉛筆で描きあげるアーティスト、
ご存知でしょうか。

色鉛筆のタッチは、線が細く、地の紙の色の存在が
どうしても出てしまうように思うのですが、
話題になっているアーティストの作品は、
まるで写真のような仕上がり。

お住まい周辺の中野の風景を題材に、
その光と影を見事に描いていらして、
これが本当に色鉛筆で描かれたのかとびっくりしてしまいます。

個人的に、色鉛筆のタッチはざらっとして
マットな印象がありますが、彼の作品には、
つやがあって、「光」が精密に描かれているのです。

まるで現代の印象派。
その一筆一筆を、ぜひ実際にこの眼で追って、
色鉛筆の可能性を確かめてみたいアーティストです。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。