24

2015/11

赤と闘争心

0:00:12 | 学習について

赤は勝負の色、といわれますね。

赤と青を比べる心理学の実験は多くありますが、
赤が闘争心をあおるという結果について、
疑問に思っていたことがあります。

例えば赤い車は、スピードを出し過ぎてしまう傾向がある、
という実験結果があるのですが、
目で見た色によって赤の刺激を受けるのであれば、
赤い車を見ているドライバーはどうなのだろう、
というものです。

調べてみると、テコンドーというスポーツについて調べた結果を見つけました。

赤の防ぐと青の防具をつけた者同士の対戦では、
赤の選手が勝つ確率が高いのだということ。

つまり、赤を見ている選手ではなく、
赤を身につけている選手が勝利をおさめているのです。

さらに興味深かったのは、テコンドーの審判に、
試合の映像を2種類見せた時の反応です。

一つはオリジナルの試合の映像で、
もう一つは、全く同じ映像をデジタル処理で
赤と青の防具の色を逆にした映像を準備。

両方同じ試合であったにもかかわらず、
審判は、選手の「動き」ではなく、選手の「色」によって、
支持の仕方が決まっていたというのです。

赤は、身につけることで、
本人だけでなく、ジャッジも勝利に傾きやすいという、
大変興味深い結果でした。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。