ファンの方には申し訳ないながら
「エヴァンゲリオン」なるものが何かが分からないながら、
11月から運行開始した山陽新幹線が気になっています。

山陽新幹線が開通して40年の記念に、
放送開始から20年のエヴァンゲリオンとの
コラボレーションが企画された、500系新幹線「500 TYPE EVA」。

先頭車は、薄い紫と濃い紫に、反対色の黄緑と、赤、グレーが配された5色のデザインで、
期間限定にもかかわらず、安全性を考慮してフィルムでの着色ではなく塗装されたのだそうです。

新幹線を5色に塗装するのは大変で、塗って乾かす作業を繰り返し、
8両編成で1カ月を要したと聞いています。

でもそのデザインは、エヴァンゲリオンそのもの、というわけでもない。
それは、広告になってしまうと「屋外広告物」として規制の対象になってしまい、
多くの自治体をまたがって走行する山陽新幹線が
自治体ごとに異なる規制に対応するのは難しいからだとか。

そのために、あくまでも単にエヴァンゲリオンの世界観、
というコンセプトにしているのだとか。

「エヴァンゲリオン」を知らないながら、
その車体の美しさは、一度是非乗ってみたいと思わせられた仕上がりでした。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。