関西にまつわるそんなことわざ、ご存知ですか?

京都に住む方は気道楽で、大阪の方は食道楽、
という意味合いですが、もうひとつ、神戸の履き倒れ、
という言葉もよく聞きます。

神戸は靴産業が盛んなので、そこから来たのかもしれません。

いつもそれを思い出すのが、神戸を訪ねる旅に足を延ばす、
「神戸ファッション美術館」。

京都の着倒れ、といいながら、
神戸にあることを面白く思っています。

ファッションに特化した美術館があるとは、ファッション好きなら是非行ってみたい、
と思い、念願かなってから何度かお邪魔する度に、
日本のファッションの地位の低さを残念に思います。

特に色彩検定のAFTは、現在の色彩検定協会が全国服飾協会であった頃、
ファッションの出題が多く取り上げられ、
特に1級の分野のファッション史に欠かせない情報をたくさん見ることができました。

あまり便利な場所にあるとは言えないのですが、
ご興味のある方は是非訪れてみて下さい。

ファッションは文化だという確信をもつことができる、素晴らしい美術館です。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。