20

2016/06

さし色の効き目

19:09:34 | 学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。

東商のカラーコーディネーター検定を受験なさった方は、試験お疲れ様でした。
それぞれのご専門に併せて、色を活用していかれたら嬉しく思います。
AFTを受験なさる方は、あと一週間、体調に気を付けて、120%の力を発揮してくださいね。

以前、とてもおしゃれな友人が、
最近買ったものの中で最も出番が多いのが、赤い靴だと話していました。

着る服はベーシックなグレーやネイビーが好きだけれど、
足元を赤にすると、一気に全体がおしゃれに見える、とのこと。
なるほど、赤い靴を合わせると、ベーシックカラーが華やいで見えました。

さし色効果を期待して、勧められるままに入手したエナメルの赤い靴。
ヒールが高くても歩きやすいウェッジソール、
スポーツメーカーとコラボしたソールのパンプスでしたので、
履きやすさもお墨付き、さぞかしヘビーローテーションになるかと思いきや、
今では箪笥の肥やしならぬ、靴箱の肥やし。

何を見ていても思うのですが、好きな色の組み合わせというのは、
根底にあって変わらないものだな、と気づきました。

先日、テーブルコーディネート教室でお隣にいらした方が、
「今回は自分なりに冒険しました」と、アクセントにビビッドな色遣いをなさっていました。

トーンオントーンが好きな私にとっては、さし色は結局、「冒険」でしかなかったのですね。
そういえば配色演習でも、作る配色は一色でまとめるのが好きだったことに、
今更ながらに気づきました。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。