2018 / 10

26

2018/10

甲州織の傘

17:24:50 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。

秋の訪れや深まりは、空の色で感じることが多いのですが、
皆様は自然の色の見え方の変化、感じていらっしゃいますか。
色名を覚えやすくなるかもしれないので、季節を是非、感じてみてくださいね。

皆様は、傘は、ビニール傘で済ませる派ですか?こだわる派ですか?
私は昔からなぜか傘が好きで、晴れ女のくせになぜか、後者でした。

色にこだわって、服に色を合わせられるようにある程度の数をそろえていた時期、
折りたたみ傘にこだわって、軽さと丈夫さを求めていた時期、職人の手仕事にひかれた時期、と、
こだわるポイントは様々でしたが、最近は、日本の匠の作る傘に興味を持っています。

甲州織の洋傘なのですが、この甲州織、傘の名産地として昔から知られる山梨県で織られる、
傘専用の生地とのこと。

傘のために織られる生地なので、傘の幅に合わせて織られていて、
傘の先端に縫い目がありません。縫い目がないので、水が漏れてくることもないのだそう。

かつて、イギリスのフォックスアンブレラという傘を使っていた時、
大雨の日に先端から水が伝って傘の柄を濡らしたことがあり、
販売店に聞いたところ、イギリスの霧雨用の傘なので、とのこと。

フォックスの傘も美しく、クラフツマンシップを堪能できるものではありましたが、
やはり日本の気候に合わせた傘の方が良く思えたものでした。

ビニール傘など、値段が手ごろになったこともあり、甲州織そのものが少なくなっているようですが、
是非、日本の匠の技を味わってみたいと思える一品です。


みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。

色彩検定、カラーコーディネーター検定、どちらも、およそひと月となりました。
一つ一つ、丁寧に学習を進めてくださいね。

これまで聞いたことのなかった色名、ボニンブルー。
東京都の南に位置する、小笠原諸島の海を称したブルーだとのこと。

これは、かつて東京都ながら本当の東京から1000㎞も離れた小笠原諸島を開拓した欧米人たちが、
「無人島」を「ぶにんアイランド」と発音したことから、
それがなまってボニンとなり、島を囲む海の青は特別な青として、
ボニンブルーと呼ばれているそう。

その透明度の高い明るい海の色を持つ小笠原諸島は、
平成23年に、世界自然遺産に登録されています。

固有種の生物が多いことも世界自然遺産に認定された要因ですが、
やはり、特別な海の青色。水深50mくらいまでの透明度があるとか。
写真で見ても本当にきれいです。

アクセスは船のみのようで、船酔いしやすい私には見ることができない青だと思うと、
実際にこの目で見たい思いはなおさら強まります。

ボニンブルー。いつか体験してみたい憧れの色です。


みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。

色彩検定を受験なさる方は、PCCSの色と色名を必ず覚えるようにしてくださいね。
身近にある色を見て、どのトーンの何番か、考えるようにすると早く身に付きます。

早稲田大学の、「資格ゲッターズ」というサークルをご存知ですか。
大学公認サークルの一つで、就職活動に活かせるTOEICや簿記のような検定から、
宅建のような国家資格、本当にそんな資格があるの?というような
(例えばお好み焼き検定とか)資格全般を、情報交換しながら取得しようというサークルだそう。

150人が所属するサークルですが、この資格ゲッターズのメンバーのうち8名が、
先日の夏期検定を受験したとのこと。
その様子が、「日本の資格 検定」というサイトに掲載されています。

色を実際にどう使うかは、センスによるところと思われがちですが、
検定を受けることで論理的に配色を考えることができるようになったとのこと。

「人生が豊かになる内容だった」とコメントしていらっしゃいました。
どのように学習したか、どんな印象を持ったか、など、
実際に受験した方の声はとても参考になると思います。

良かったら是非、チェックしてみてください。


05

2018/10

IROJITEN

17:20:12 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定試験に向けての準備はいかがですか。
一つ一つ、覚えて行ってくださいね。

以前のブログでも少し触れましたが、
トンボ鉛筆のIROJITENという色鉛筆をご存知でしょうか。
その時には「忘れな草色」をご紹介した記憶があります。

10色ずつのボックスに入って、更に、本のように3つのボックスが箱に収まる
30色展開のパッケージも素敵なのですが、第1集に収められている色のカテゴリーが、
1箱目がペールトーン、2箱目はビビッドトーン、3箱目はディープトーン、
と、聞きなれた(色の勉強をなさった方には)ネーミング。

そしてそれぞれの色名も、「珊瑚色」や「ライラック」、
「シャルトルーズグリーン」と、親しみのある色名になっています。

色を覚えるために唱えていた色名の色を「使って」みる。
新鮮な体験ですよね。

第3集まで発売されていて、第2集にはペールトーンとディープトーンに加えて
ライトグレイッシュトーンが、第3集には蛍光色とベリーペールトーンとダルトーンが含まれています。

どちらにも、例えば「一斤染」や「サンセットオレンジ」、
「麦わら色」や「鳩羽紫」といった、わくわくする色がたくさんあって、
やっぱり童心に帰って絵をかいてみたくなってしまいます。


photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。