2019 / 02

24

2019/02

UC認定のチョーク

13:49:45 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

3月から検定のお申し込みが始まります。

試験の準備、頑張ってくださいね。

 

色彩検定のUC級を受験してから、

ユニバーサルカラー規格の製品に注目するようになりました。

計算上は、男子の5人に1人の割合で視力が弱いとされていますので、

学校など学習の場でのチョークの色選びは大切です。

長年チョークを製造している、日本理科学工業が、

先生の要望で作った「eyeチョーク」は、

カラーユニバーサルデザイン機構の定める、

カラーユニバーサルデザイン企画認証製品なのだとか。

この「アイチョーク」は、全国の小学校で色覚検査が廃止された翌年、

2004年から販売をスタートしているそうです。

カラーバリエーションは、赤、青、緑、黄、白の5色。

従来の5色だと、色の区別がつきにくく、2色に見えてしまうこともあったのが、

アイチョークでは、5色全て区別ができるようになったのだそうです。

特に赤と緑の見分けがつきにくいことが多いので、

赤をオレンジ寄りにして、明度に変化をつけた色に変更するというのがセオリー。

日本で最初に入札指定品目になったのは埼玉県川越市内の公立小・中学校で、

以降首都圏を中心に徐々に入札指定品目になっているとはいえ、

全国的には、通常のチョークの方が多く利用されているというのは残念なことです。

義務教育の現場では、取り入れたほうが良い製品ですね。

人の個性もカラフルになったこの時代。

自分と人とが違うことを意識して、

違いを認めあうという考えが広まっていったらいいなと思っています。


17

2019/02

カラフル企業

13:48:08 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

先日味わった検定試験前の受験生の気持ちを、

講座にも活かせていかれたらいいなと思っています。

受験なさる方と「一緒に受ける」感覚は、常に忘れません。

 

三井のCMで、「カラフル企業」という言葉を知りました。

「ホワイト企業の次は何だろう

それはカラフル。」

多様な働き方でそれぞれのカラーを活かして

働けるオフィスを増やしましょうというプロジェクトです。

これまでの日本は、メダカの学校のように、

人と同じであることで良しとされる風潮があったような気がします。

人と同じでなくても、それぞれのカラーで、自由に柔軟に働き方を選べる。

ブラック企業という言葉も定着しましたが、

企業もクリーンなだけでなく、カラフルになろうとしている時代、

人と人との距離も変わってくると思います。

カラフルになったら、合わない色も出てくる。

人と人にも、カラーコーディネートが必要になりますね。

 


10

2019/02

カラフルなマスク

13:46:00 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

検定のお申し込みは来月からスタートします。

悩んでいらっしゃる方は是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

スギ花粉症歴が長く、この時期はマスクが手放せないのですが、

長年さまざまなマスクを試してきた着用歴の中で、

ずっと気に入っているマスクがあります。

長時間つけていても耳が痛くならず、がさがさしないので肌に刺激が少なく、

着用時に息が苦しくなくて、しかも数回なら洗える、というもの。

今回チェックしてみたら特長はもっとあるようで、UVカット率90%以上、

顔に密着して隙間を作らず、花粉は3回洗っても99%カットするとのこと。

ひとつひとつ個装になっているので、予備として持ち歩きやすく、

出先で人にさっと差し上げるにも気が引けません。

その「ピッタマスク」が、今年、カラフルになっていました。

女性用には、ピンク系パステルとシック系、

男性用には、スーツになじむネイビーやグレー、カーキなど、

キッズ用には色鮮やかなグリーンやイエローなどの色展開です。

マスクをファッションコーディネートの一部に、

というコンセプトで生まれたニューカラー。

かつてマスクは防御のための必需品で、

できれば着けたくなかったものですが、最近はかなり定着し、

なおかつカラーコーディネートできるまでに進化するとは嬉しい限り。

カラフルポップアップストアが、表参道で期間限定でオープンしているようなので、

お近くにいらした方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

 


03

2019/02

色彩検定 UC級

13:42:02 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の神宮です。

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、

と、過ぎる速さを表現されていますが、

今年も一月はさっさと過ぎゆき、2月に入りました。

受験なさる方は、ご準備を始められているでしょうか。

 

昨年末、色彩検定主催の新しい級、UC級がスタートし、

第一回目の試験を受験してまいりました。

私の受験した会場でも、受験者数が驚くほど多く、

2020年のオリンピック・パラリンピックを前に、

ユニバーサルカラーへの意識の高さを強く感じました。

その数は協会でも想定していた以上だったようで、

関心の高さがうかがえる結果だったとのこと。

よく、言葉に対しては、

正しく言ったつもりでも正しく伝わっているとは限らない、と言われますが、

色に対してもまさにその通り。

デザインする者の意図したとおりに伝わらなければ、色に意味はありません。

今回の検定は、200点中158点が合格点。落とすための試験ではなく、

UC級の考え方を広く知ってもらい、

学習してもらうためのきっかけとなることを願って創設されたとのこと。

難解な問題はなく、テキストの内容を把握しておけば大丈夫です。

無事に合格することができましたが、久しぶりに試験勉強のドキドキと、

試験前のドキドキを味わってきました。

これから必要性の高いUCの知識。

もう少し深く学んでみたいと思っています。

 


photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。