2019 / 05

28

2019/05

きれいな色の流行

10:30:39 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
夏期の検定を受けられる方、ご準備はいかがでしょうか。
一日少しずつでも頑張っていきましょう。

最近のファッションの傾向として目に付くのが、ビビッドカラーが多いことです。

東京では特に、黒白紺グレーといったベーシックカラーが多くみられるのが常でしたので、
ビビッドな色が流行っても、トップスに使って、ベーシックカラーのボトムスに合わせたり、スカーフやバッグに取り入れたり、ということが多かったのですが、今回のビビッドカラーは、例えば紫のマキシ丈のプリーツスカートに、ラベンダーのブラウス、といったように、全身をカラフルな色で合わせるコーディネートです。

特にマキシ丈といわれるロングスカートは多く見かけますが、ボトムスの面積が大きくなるので、これを鮮やかな色目にするととても引き立ちます。
パンツやスカートなど、ボトムスの大きな面積に発色の良いきれい色を配したコーディネートで、新緑から梅雨時の季節を楽しむのもいいですね。

色彩検定協会で制作された、「Happy color life」。
レディースに続き、メンズも出ています。こちらも是非参考になさってみてください。


21

2019/05

エアークロゼット

10:30:46 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定まで約一か月。受験なさる方は、ご準備頑張っていらっしゃいますか。

ミニマリストについては何度か過去に触れさせていただきましたが、
ここまで来たか、と感心したのが、お洋服の貸し出しサービス、エアークロゼットです。

登録時に、好きなファッションのスタイルや、どのような場で着るかを入力すると、
それに基づいてスタイリストさんがお洋服を選んで送ってくれるというサービスです。
送られてくる服の着まわし方や、手持ちの服とのコーディネート、小物の合わせ方などのアドバイスもあるとのこと。

さらに実際に来た感想を送ると、次回からそれを反映したお洋服が送られてくるのだとか。
今何が流行っているのかがよくわからない、流行は知っていてもどう取り入れたらいいかわからない、といった悩みが、一気に解決する素晴らしいサービスだと思いました。

パーソナルカラーを知っていれば、確実に似合う服を試すことができますよね。
自分の持ち物はなるべく少なく、と思っているミニマリストの方にも、流行を取り入れたファッションをスタイリストさんのアドバイスで着てみたい、という方にもぴったり。

私自身は、流行は把握するだけで取り入れることは少なく、かつお洋服は自分のものにしたいという考えなのですが、一度、試してみたい、と思ってしまうシステムでした。


14

2019/05

ノリタケミュージアム

10:30:19 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
AFT色彩検定を受験なさる方、5月23日が申し込みの締め切りです。
どうぞお忘れなく。

名古屋にある、ノリタケミュージアムに行ってまいりました。
かつて、女優の安田成美さんと、とんねるずの木梨憲武さんがご結婚なさったとき、
結婚式の引き出物は日本の陶器ブランド「Narumi」と「Noritake」の製品のセットだったという話も興味深いですよね。

ノリタケ美術館のノリタケは、名古屋市の則武という地名からきています。
ノリタケは、幕末に、日本の金が大量に海外に流出したことを危惧して海外貿易を始めた森村市左衛門から始まっています。
彼が取り扱った中でも、瀬戸で作られた焼き物に絵付けを施した花瓶や飾り皿など、陶磁器製品が人気となり、やがて陶磁器に絵付けをした洋食器を輸出する会社が創立されました。
ここから第2次世界大戦終結までの作品は「オールドノリタケ」と言われています。
その特徴の一つが金点盛(きんてんもり)と言われる手法で、立体的な金彩を施した、非常に手の込んだ絵付けです。
ミュージアムでは、実際に職人さんが作業している姿を間近に見ることもできます。

全てノリタケでコーディネートされたディナーテーブルや、ティーテーブルがとても素敵でした。
その色合いもまた、ウェッジウッドなどには見られない、微妙な配色です。
近くにいらした方は是非訪れてみてください。


みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
令和になって初めての検定試験まであと少し、合格目指して、皆さん頑張ってください。

3月に東商カラーコーディネーター検定から、そして4月に色彩検定から、あいついで公式テキストの改訂の通知がありました。
勉強会に出席していて、AFTではUC級ができたり、東商でも照明の進化に伴うお話が出たりしていましたので、そろそろかな、とは感じていました。

特に照明の変化はとても大きく、テキストで扱われている白熱電球も既に製造中止になっていたり、主流がLEDになっていたり、時代に合わないと感じる内容になっていました。

AFTの改訂テキストは、2019年の12月に発行され、2020年のテストから、改定版テキストに準拠した試験内容になるそうですが、フォーサイトで講座のある2級と3級に関しては、2020年夏期検定まで現在のテキストで対応できるようです。

東商カラーコーディネーター検定に関しては、2級3級といった分け方もなくなり、
スタンダードとアドバンスの2つになります。
どのように変わるのかはどちらもまだ全く情報がありません。

新しい検定に、今から興味津々です。


photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。