ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

25歳男性、独身

25歳男性、独身。今後結婚するときも視野に入れて資産運用で老後資金を確保したい。
どのように考えればよいですか?

皆さん、こんにちは。講師の伊藤です。
前回、人生100年プランでは、現状の公的年金を受給できたとしても
1450万円ほどが不足する旨お伝えしました。
今後の少子高齢化を考慮すれば、これ以上の資金を貯めておく方が無難といえます。

そこで、20代のお客様にはどのような提案ができそうか、
解説していきます。20代のライフプランは多様化してきており、
結婚をするかしないか、キャリアプランをどうするかなど考え方、
価値観によって異なってきます。

とはいえ、老後資金に関してはどなたも共通事項です。
まだ考えなくてもよい、というお考えの方もいると思われますが、
早め早めに行動しコツコツ貯める、増やすことは悪いことではありません。
少しでも老後に不安のあるお客様には、是非老後資金運用の提案を行ってみましょう。

例えば、現時点における老後資金不足額は1450万円ほどだが、
実際にはこれからさらに資金を貯めておいた方がよい。
最低でも2000万円は確保するように設計しましょう、と伝えます。
特に退職金支給がない方は、自助努力で老後資金を構築することが求められます。

65歳までに資金2000万円を確保すると考えた場合、
25歳から運用を開始すれば40年ほど時間があります。
毎年どの程度の資金を貯め、投資に回せば良いでしょうか。

ここでは、年3%の運用利回りを目標とし、毎年同額を貯め投資に回すとして考えます。
減債基金係数を利用して、毎年確保すべき金額を求めると、
年26万円ほど必要と計算できます。
つまり、月に22,000円程度を貯めその貯まったお金を毎年投資していけば
40年後には2,000万円が貯まると想定できます。

税金等も考慮しなければなりませんが、
とはいえ月に2~2.5万円程度であれば20代でも頑張れば
なんとか運用にまわせる資金といえるのではないでしょうか。
この金額を一つ目標に、例えば背伸びできるなら月3万円ずつ運用してみませんか?
と提案します(もし皆さんがFPになったら)。

このとき、年3%利回りを目標にしていますので、
株式投信や外債投信なども組み込み利回りを得ることも提案します。
1万円を日本株投信に、1万円を外国株式投信(インデックス)に、1万円を外国債券投信にといった具合です。

20代のメリットは、時間を味方につけることができること。
長期投資による時間分散、銘柄分散は効果を発揮することでしょう。
そして毎月投資を行えるのであれば、さらなる分散、複利効果が期待できます。
お客様の不安を解消するためにも一役買えるよう積極的に提案を行っていきましょう。また、ご自身の運用にも参考にしてください。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の各文章を読んで、正しいものまたは適切なものには①を、誤っているものまたは不適切なものには②を、解答用紙にマークしなさい
【問題1】
国内銀行の窓口で加入した生命保険契約については、生命保険契約者保護機構による補償の対象とならない。

<解答> ✕
国内銀行の窓口で加入した生命保険契約も、生命保険契約者保護機構の補償対象になります。

【問題2】
損害保険の保険料は純保険料と付加保険料で構成されており、このうち純保険料は、保険会社が支払う保険金の原資となる。

<解答> ○
純保険料は保険会社が支払う保険金の原資に、付加保険料は保険会社の費用に充てられます。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。