ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
試験まであと2ヶ月弱ですが、「試験勉強いまいち進んでいない・・・(泣)」
という受講生でも、これからの頑張りによってはまだまだ充分間に合いますから、
がんばってくだい。
むしろ、これからが勝負ですぞ。

さて、3月18日に平成23年1月1日時点の公示価格が発表されました。
試験では、公示価格や都市計画図など、
公に発表されている資料を使った問題が
よく出題されます。

・公示価格
・路線価図
・都市計画図
・不動産の登記事項証明書   など

これらは、テキストにサンプルが掲載されていますが
本物をインターネットでも閲覧できますので(登記事項証明書はすぐには見れないけど)
実際のものを一度、ご自身の目で確かめることをお薦めします。

路線価図や都市計画図は、自宅のある場所はどうなっているのか???
というような観点で見ると、おもしろいと思います。

それと、試験とはあまり関係ないですが、今回の震災で液状化が問題になっていますよね。
もともと、液状化する場所(予想)というのは、
「液状化マップ」というものが公表されており
その地図で確認することができます。
自宅を購入するときは、液状化マップのみならず洪水ハザードマップでも
購入地の状況を確認することは必須です。

これらのマップもネットで確認できますので、
参考までに一度、目を通しておくとよいと思います。
【参考】
http://disapotal.gsi.go.jp/ ←国土交通省ハザードマップポータルサイト

http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/ekijyouka/index.htm
↑東京の液状化予測図

手を動かして、何かを調べたり、見ることは、テキストを使用すると学習とは
また違うおもしろさがあり、しっかり記憶に残るものです。
是非一度、お試しあれ~。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。