ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
そろそろ梅雨入りです。いやな季節です。仕方ないです。我慢です。
私は気圧の変化により鼻炎になります(特異体質)。

さて、今回は、先日の3級実技試験のコメントです。
まずは、きんざい実技試験です。

大きな出題パターンの変化はありません。
いつもどおりです。

金融資産運用の問題が、大問1問まるごと外貨建て商品です。
これは少し珍しい・・・
ということは、次の9月試験では出ない可能性が・・・。

不動産からは、不動産投資の純利回りの計算が出ました。
これは、しばらく定番になりそうな予感が・・・

次に、協会実技です。
こちらは、問題数がきんざい実技よりも5問多いですからね。
しかも、今回の問題は、見た目が「!!!(ちょっとビックリ)」という
問題がいつくかありました。
これって、見た目で受検生をびっくりさせて威嚇・動揺させる問題です。

試験においては、精神的なもろさは致命的です。
普段なら正解できる問題も、試験当日のあの独特な雰囲気のなかで、
少しでも動揺すると、解けなくなります。
そんな誘導にひっかかってはいけません。

そして、見た目ビックリな問題は、簡単な問題が多いことも
特徴のひとつです。

だから、なおさら、見た目にビックリさせられて
焦ってはいけないのです。
焦ったら負けです。
今回は金融資産運用で、この傾向がありました。
協会の試験らしいです。
試験問題作成担当者がいろいろと創意工夫している証拠です。

このように、協会実技は、丸暗記だけでは、対応できない感が多々ありました。
暗記して、かつ、しっかりと「理解」することが重要です。

これまで、合格率が95%前後という、あり得ない状況でしたから
これからは、合格率を下げていくんでしょうね。

今日はここまで~。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。