ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
今回も受講生からよくある質問について、です。

保険料の支払い方法の中で、「一時払い」と「全期前納」というのがあります。
「この違いがよくわからんっ!!!」というご質問です。
どちらも保険料を事前に一回でドンっと支払うけど、どこがどう違うんだ???
というわけです。

一時払いは、契約時に契約期間の保険料を一気に支払ってしまう方法です。
全期前納は、契約時に契約期間の保険料を一気に支払う・・・んですが、
支払う保険料は、イメージとしては、保険会社が預かるのです。

したがって、保険会社は、預かった大量の保険料を、
その契約の保険料支払い時に都度、充当していきます。

したがって、両者の違いは、契約を途中で解約した場合、
解釈した時点以降の到来していない保険期間に対応する保険料が
一時払いの場合は、戻ってきませんし(だって、払っちゃったんだから)
全期前納は、戻ってきます(だって、預けただけだから)。

そんなわけで、一時払いで保険契約をする場合は、
かなり慎重に選択する必要があります。
「一時払いにすれば、保険料が安くなりますよ~」の
甘い誘惑にのってはいけません。

では、今回はここまで~。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。