ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
最近、テレビで放映されている保険のCMが
妙に気になります。

特に、医療保険やガン保険のCMはなにやら
胸の奥にひっかかることが満載です。
特に、ガン保険は、その商品を作り上げた人、ガンの罹患経験あるの?と
聞きたくなります。
手前味噌で販売しているような気がしてなりません。
医療保険やがん保険を利用する人は、患者は、生きているのですから
生きた現場の声に耳を傾けて、商品を作って欲しいな・・・と思います。

さて・・・
独立系FPと言われる方々の中には
純粋な独立系FP以外にも、商品販売を目的としているFPもおられます。

商品販売をする場合は、
その商品を販売することで、商品そのものを取り扱っている会社から
販売手数料を受取ることができます。
保険の場合これが、いわゆる「保険代理店」ってヤツです。

この保険代理店のCMは、昔はまったく見かけませんでしたが
ここ数年の間に、テレビでよ~く見かけるようになりました。
また、街中でも、保険代理店の大々的な看板や店舗が一気に増えました。

勢力拡大中の最近の保険代理店は、取り扱う保険会社の数がとにかく多い!!!
ほとんどの保険会社を網羅しているんじゃないか?というぐらい多いです。
すごいです。ハンパないです。
管理だけでも大変そうです。

でも、これが、いまどきの保険代理店のアピールポイントなんですよね。
多くの保険商品の中から、顧客に適切な商品を紹介するわけです。
そして、顧客に紹介するときに、FPの手法が使われているならば、
「顧客のライフプランに合った保険商品の提案」につながるわけです。

このとき、本当に純粋に顧客のライフプランに適した
保険商品を紹介している代理店はどれぐらいいるのか?というのが
私の素朴な疑問です。

人間は欲深いものです。
どう考えたって、販売手数料の高い保険商品や
顧客に勧めやすい商品ってあると思います。
それらを意識的に(または無意識に)勧めていないか?

結果として、それらが顧客にとっての最適な保険商品なら
結果オーライでまったく問題ありませんが、
そうではないことが多いはず(勝手な憶測ですが)。

結局、顧客にとって、最適かどうかの判断は
顧客自身が判断するのが一番・ベストなのではないかと思ってしまいます。
そのためには、必然として保険関連の知識が必須になります。

でも、それが可能ならば、FPのところに保険の相談にくる顧客は
いなくなります。
では、FPの役割はナンダ?

顧客のサイドに立って言うならば、
保険の相談は、保険代理業を行っていないFPにすべき
というのが私の持論です。
だって、保険商品の販売をしていないんだから
販売手数料が・・・という販売側の雑念なしで顧客にとって
本当に必要な商品のおすすめができるわけですからね。
これが、中立公正なFPだと思います。

もし、FPに保険の相談をする場合は、
そのFPに第一声として「保険代理店やってますか?」と
聞くとよいかもしれません。

もちろん、そんな雑念なしで
顧客の立場になって、ライフプランに沿った保険提案をしてくれる
保険代理店もあります(ささやかなフォロー(汗))けどね。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。