ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
試験勉強してますかーーっっっ???
試験まであと1ヵ月と少しです。
少し試験勉強疲れが出てくるころです。
適度にストレス解消しながら、試験当日まで
気を抜かずいきましょう。

さて、試験1ヵ月ぐらい前になると
受講生から「もう、(合格するには)間に合いませんよね・・・」と
あきらめモードなご質問を受けることがあります。
結論から言うと、「そんなことはありません」。

FP試験の場合、行政書士試験や社会保険労務士試験のような
年に1度の試験ではありませんし
そこまで難易度は高くありませんから
究極の方法になりますが、もしゼロから始めるとして
試験1ヵ月前から猛ダッシュかけて
すべてを一時的に捨てて、試験勉強すれば
合格できないことはありません。

大昔・・・私が高校1年生のときの話です。
私の母校は、適度な進学校だったのですが
当時、伝説の受験生の話を聞いたことがあります。
内容は、こうです。

後に伝説となった彼女は、(私の母校は女子高でした)、
当時、大学受験をあまり真剣には捉えていなかったそうです。
しかし、受験の申込みの直前になって、ナニを思ったのか
「歯学部に行きたい!」と思ったようなのです。
でも、受験の申込みがスタートするぐらいの時期ですから
試験当日まで、ほとんど時間は残されていません。
そこで、彼女は、試験当日まで、ベッド(布団)では寝ないと誓い
毎日、机で勉強しながら、睡眠も机で少しだけ仮眠しながら、
試験当日まで過ごしたそうです。
結果、合格したとのこと。

その話を聞いた当時の私は、気合いとか、気持ちって大事だなーと
子どもながらに思ったのを記憶しています。

ま、だからといって、その後の私は、
あんまり勉強好きではなかったので、適度に勉強する程度であまり
優秀な高校生ではありませんでしたが(汗)。

でも、そんな気合いの入った人もいるわけですから
FP試験の直前1ヵ月の過ごし方と気持ちひとつで
大きく合格に近づける可能性はかなり大です。

「合格」は、「合格したい」という気持ちの程度の結果なのだと思います。
まずは、「合格したい」という気持ちが
重要ですね。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。