ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

17

2008/11

FP資格取得後の実務経験

未分類

FPを仕事としていくためには、FP資格を取得した後、どのようにして実務経験を
積めばよいのか、というご相談を受けることがあります。
今回は、その点にお答えしようと思います。

FPの実務とは、すなわち生活者にとっての生活実務とも言えるものですから、
取得した知識を、ご自身の生活設計・資産形成のためや、一般企業の福利厚生部署等で
生かしている方々も大勢いらっしゃいます。

また、独立開業しているFPの多くは、私も含めて、金融機関等のFP関連業界の
出身ではありません。
FPには、弁護士や税理士のように、大きな事務所で経験を積んでから独立する
といった仕組み(慣例)もありませんので、ほとんどのFPが、いきなり独立してから
実務経験を積んでいるのが実状です。(この点は、行政書士なども同様です。)

ただ、とは言っても、実際にFPという立場で人の相談を受けるためには、
何らかの実践経験や、実務家(先輩)からの実務面での指導などがなければ、
不安に駈られて当然だと思います。

その点、FP資格の中でもAFP(およびCFP)は、2年毎の資格の更新のために
一定時間数の「継続教育単位」を取得することが義務付けられていて、FP協会や
その支部、または認定教育機関等から、数多くの実務的研修が提供されています。
また、FP協会の会員になれば、協会支部のボランティア活動に参加し、相談員や
そのアシスタントを務めることで、実践経験を積むこともできます。
さらに、FP協会の各支部にはSG(スタディーグループ)という組織があって、
定期的に勉強会を開催しています。
SGは、FP有資格者にとって、知識のブラッシュアップとともに、FP同士の
ネットワークを構築する上で非常に大きな役割を果たしています。
ここには、主婦や一般企業のサラリーマンなど、FP業務に携わっていない方々が
大勢参加しています。

このように、FP資格を取得した後には、様々な形で実務経験や実務知識を得ることが
可能です。
皆さんも、是非FP資格を取得されて、さらに先のステップへと進んで行かれることを
お勧めします。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。