ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

28

2009/04

2008年中の改正事項(1)

未分類

5月のFP技能検定の法令適用基準日は昨年の10月1日ですが、試験の
出題事項の中には、昨年の4月2日から10月1日までの間に、法令や税制の
改正とは別に、制度や状況等に大きな変更のあった事項もあります。
こうした変更点については、5月試験で出題される可能性もあります。
今回から、これら広い意味での改正事項を確認していくことにしましょう。

まずは、金融資産運用設計の分野です。
金融・経済の基礎知識に関する出題事項の中に、景気動向指数があります。
景気動向指数については、主にDI(ディフュージョン・インデックス)を中心に
学習しているはずですが、景気動向指数には、DIのほかにCI(コンポジット・
インデックス)という指標もあります。
景気動向指数は、内閣府から毎月発表されますが、昨年の4月分からは、
それまでのDIに代わって、CIを中心とした発表方法に変わりました。

CIの算出にあたって採用されている指標は、DIと同じ3系列29の指標です。
CIは、各系列内の指標の前月からの変化率を合成し、その合成変化率を前月の
CIに乗じて求めるもので、DIが景気の局面や転換点の判定に用いられるのに
対し、CIは主として景気変動の大きさやテンポ(量感)を表します。
景気動向指数については、DIに加えて、このCIについても押さえておくように
しましょう。

なお、4月6日に発表された2月分の速報によると、CI(一致指数)は、
景気の「悪化を示している」と判断されました。
内閣府が「悪化を示している」と判断したのは、2008年6月分公表以来、
9ヶ月連続となります。
景気はどんどん悪くなっていることが表れています。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。