ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

住宅ローンの返済の開始後、失業してしまった場合、保険給付で
住宅ローンを返済するという「失業信用費用保険」のついた住宅ローンが
地銀を中心に取扱われています。

この保険は、勤務先の倒産・廃業、会社事由の解雇・希望退職の募集・退職勧奨などにより、
1ヶ月以上再就職できない場合、最長6ヶ月間、毎月のローン返済額に充当するための
保険金が支払われるものです。
保険料は、融資金利に0.2%程度を上乗せすることで、間接的に契約者が負担します。

住宅ローンを抱えた場合の一番の不安は、返済ができなくなることです。
(死亡の場合は、団信で完済されますからひとまず目先の不安はない)

病気やケガで収入が途絶えた場合の対処法に、所得補償保険がありますが、
この保険はリストラされた場合には補償対象外です。

そこで、失業信用費用保険が登場というわけです。
なかなか良い保険ですね。

でも、これって、地銀が個人の住宅ローン契約を取るために
抱き合わせしているように見える。

そもそも、住宅ローンを組むときに、ありとあらゆる事態を想定し、その対処方法を
考えたうえで、ローン返済に臨むのが真のあるべき姿だと思うのです。
それを、人任せにローンを組んだり、周りが買っているから自分もというように
気楽に考えて住宅ローン組むから、リストラや病気などの理由で収入が途絶えたとき
あたふたするわけですよ。

うちの会社にくる住宅ローン相談の人の半分以上が、
「あさってまでに住宅ローンを決めないといけない」とか
「今週中に決めなければならない」と言います。
住宅購入を計画的に遂行している人の言葉とは思えません。
ということは、多くの人が、物事をあまり深く考えずに行動しているというわけです。
たとえ、考えていたとしても、考えが浅はかなわけです。

リストラは自分の意思とは無関係に突然訪れる不幸です。
だからこそ、リストラされて半年ぐらい収入がなくても大丈夫な程度の
最低限の預貯金を残して、住宅ローンを組むべきでしょう。

と、言っても、そううまくいかないのが現実なので
いろいろな保険商品が登場するんですな。

ま、とにかく
無理のない返済計画を・・・ですよ。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。