ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

20

2012/07

よくある質問

18:56:40 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
今回も受講生からよくある質問について、です。

保険料の支払い方法の中で、「一時払い」と「全期前納」というのがあります。
「この違いがよくわからんっ!!!」というご質問です。
どちらも保険料を事前に一回でドンっと支払うけど、どこがどう違うんだ???
というわけです。

一時払いは、契約時に契約期間の保険料を一気に支払ってしまう方法です。
全期前納は、契約時に契約期間の保険料を一気に支払う・・・んですが、
支払う保険料は、イメージとしては、保険会社が預かるのです。

したがって、保険会社は、預かった大量の保険料を、
その契約の保険料支払い時に都度、充当していきます。

したがって、両者の違いは、契約を途中で解約した場合、
解釈した時点以降の到来していない保険期間に対応する保険料が
一時払いの場合は、戻ってきませんし(だって、払っちゃったんだから)
全期前納は、戻ってきます(だって、預けただけだから)。

そんなわけで、一時払いで保険契約をする場合は、
かなり慎重に選択する必要があります。
「一時払いにすれば、保険料が安くなりますよ~」の
甘い誘惑にのってはいけません。

では、今回はここまで~。



13

2012/07

よくある質問

20:06:30 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
毎日暑いです。。。私はすでに夏バテです。

さて、今回は受講生からよくある質問について。

「過去問って、何回繰り返せば合格できますかぁー???」と
よく聞かれます。

「合格できる回数」は、個人差がありますから、的確に「○回」とは言えません。
過去問題は、繰り返し解くことになると思いますが
その結果、正解率が90~100%になるまで繰り返し解いてください。
だから、人によっては、2~3回で済む人もいるでしょうし、
5回、6回、7回・・・という人もいるでしょう。

FPの試験は、本試験当日、初めて見る問題の60%以上を正解しないと合格できません。
したがって、何回も繰り返し見ている過去問題は、100%正解できないと、
本試験当日初めて見る問題で合格することは難しいからです。

もうすぐ夏休みです。
9月試験を受検する方は、夏休みを有効に過ごしてくださいね。



06

2012/07

情報収集のコツ

10:24:19 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

FP講座の受講生や、FP資格取得後の方から
たま~に
「情報収集って、どうやってしたらいいのか?」と
ご質問をいただきます。

確かに、今の時代、インターネットがやたら発達していますから
どこでも、どんな情報でも即座に取得できますが
その膨大の情報のなかから
自分が必要とする情報を、必要なときに取得するには
意外とコツが必要になるものです。
自分なりの情報源のHPをひたすら検索しまくるのが最初の一歩かと思います。
そして、その中でも、公的機関のHPは必須です。
さらに、公的機関の各サイトではメルマガを発行していますから
それに登録をしてみるのもひとつの方法です。

ところで、試験でよく出題される路線価が公表されました。
「4年連続下落 12年分平均2.8%、都市圏で底打ち感」だそうです。

こんな情報も、自分でネット上で確認すると
身体が暗記してくれて、試験対策になるかもしれません。
是非、トライを・・・。



みなさん、こんにちは。

9月試験を受検する皆様は、そろそろ
税制改正などが気になるころです。

フォーサイトの場合は、試験の前に、改正事項が記載された
資料が配布されますから、それを確認すれば十分ですが
他資格のように、改正事項がすぐに出題されるかというと
そうでもないのがFP試験です。
なぜなら、試験が年3回もあるからです。

例えば、平成24年4月1日施行の改正事項は
平成24年9月試験に出題される可能性はあまり高くありません。

なぜなら、施行時点よりも前に9月試験の問題が作成され
はじめているため、反映させることが物理的に不可能なのです。

したがって、今年の税制改正の内容は、半年以上遅れて出題されることが
よくあります。

4月1日時点よりも前に確定しているようなものは
9月試験で出題されることがありますけど。

したがって、他資格試験のように目くじら立てて
改正事項を気にする必要はあまりありません。
仮に、もし、万一、出題されても、せいぜい1問程度です。
そんなもん、落としたって、ソッコー不合格になるわけではありませんから・・・

そんなことよりも、基本事項を徹底的に頭に叩き込んだほうが
合格により近づきます。

資格試験って、試験ごとの特徴をよく知って
それに適合した対策が必要ですね。



みなさん、こんにちは。
今回は先日のAFP・2級実技試験の感想です。

大問題数は40問ですが、その内訳は、70問です。
FP総論、金融資産運用からの出題内容は、過去問題の
類似問題ばかりで、さほど難しい問題はありませんでした。

不動産は、不動産登記の所有権が共有で登記されている場合の
売買に関する問題が出題され、これは、難易度高いのでは、と思います。
しかも、○×問題だから、消去法が使えない・・・

リスクと保険、タックスプランニング、相続、ライフプランニングからの問題も、
過去問題の類似問題ばかり。
なんだかホッとします。

総合問題については、ETFに関する少し細かい内容が問われており
また、所得税の計算の流れ(仕組み)に関する図を利用した穴埋め問題があり
これは、所得税の学習は、とにかく最初に計算の流れをつかんで、
という私の講義を受講された方であれば
きちんと正解できたと思います。

他には、珍しく事業所得の計算が出題され、
また、任意継続被保険者の手続きスケジュールに関する問題が出題されました。
これは、とても珍しい新種に問題ですね。
(任意継続の問題はよく出るんですが・・・)

全体としては、いつものどおりの難易度で
特筆すべきことはないような・・・

70問中、29問が計算問題でした。
半分近くが計算問題ですから、素早く、正確に、正解を計算できることが
合格のポイントです。



みなさん、こんにちは。
今回は先日のAFP・2級学科試験の感想です。

<ライフプランニングと資金計画>
労災が丸々1問、雇用保険の基本手当が丸々1問、
これまでの傾向ではほとんど出題されないはずの共済年金が丸々1問、
と、ややドッキリするような傾向ではありました。
また、教育資金全般に関する内容が丸々1問、
こちらもこれまでの傾向とはやや異なる出題パターンのような・・・
試験問題作成者、変わったのか?
と、思ってしまう内容でした。

今回は、細かいことが問われている問題が多くあり
やや難易度が高まったのでは、と思います。
こういった場合は、消去法で正解するのがベストです。

<リスク管理>
新・生命保険料控除について丸々1問出題されました。
これは、出るぞ出るぞと思っていましたし、
講義の中でも「出るかも」と言い続けてきましたからね。

その他の問題は、過去問題の類似問題なのに
角度を変えた聞き方をしているので、一瞬「???」と
思うような問題が少しありました。
でも、冷静に落ち着いて問題をよく読めば、
基礎知識を聞いていることに気が付くはずです。

<金融資産運用>
う~ん・・・いつもよりも細かいことが
問われている問題がいくつかありました。

これは、もしかして、難易度高い方かもしれません。

でも、なんとか消去法で解ける内容でした。

しかし・・・「消去法で解けばいい」と言うのは簡単ですが
消去法で解答するためには、4択のうち3つの選択肢を
確実に自信を持って判断できる必要があります。
または、「不適切なもの」を選択しなければならない場合、
他の3つの選択肢はよくわからなくても「確実にこの選択肢は不適切」と、
自信を持てるか、がポイントです。

<タックスプランニング>
あれ???
いつもどおりの難易度です。
今回のライフや金融のような感じの悪い出題傾向ではありません。
タックスも、やや難しいのかなと身構えたら、そんなことはありませんでした。
素直に、過去問題の類似問題のオンパレードです。

<不動産>
珍しく、開発行為に関して丸々1問出題されました。
しかし、それ以外は、定番の問題ばかりで、
でも、部分的にやや重箱の隅をツツくような問題がチラホラ・・・

過去問題対策をしっかりしていれば
6割以上は得点できたはずです。

<相続事業承継>
養子に関する問題が丸々1問。
すっかり定番化されています。

しかし、その他の問題は、部分的にこれまでの傾向とは
少し違う角度からの問い方をしている問題がありました。

「理解しているか???」を問題作成者が
確認したいんだな・・・というのが伝わってくるような問題でした。

全体的に・・・
難易度があがったような気がします。
そして、過去問題をしっかくり攻略しても
真の理解をしていないと解けない問題がいくつかありました。

「しっかり理解」「過去問題の繰り返し演習」
これが、今後の合格のキーワードかな、と思います。



みなさん、こんにちは。
そろそろ梅雨入りです。いやな季節です。仕方ないです。我慢です。
私は気圧の変化により鼻炎になります(特異体質)。

さて、今回は、先日の3級実技試験のコメントです。
まずは、きんざい実技試験です。

大きな出題パターンの変化はありません。
いつもどおりです。

金融資産運用の問題が、大問1問まるごと外貨建て商品です。
これは少し珍しい・・・
ということは、次の9月試験では出ない可能性が・・・。

不動産からは、不動産投資の純利回りの計算が出ました。
これは、しばらく定番になりそうな予感が・・・

次に、協会実技です。
こちらは、問題数がきんざい実技よりも5問多いですからね。
しかも、今回の問題は、見た目が「!!!(ちょっとビックリ)」という
問題がいつくかありました。
これって、見た目で受検生をびっくりさせて威嚇・動揺させる問題です。

試験においては、精神的なもろさは致命的です。
普段なら正解できる問題も、試験当日のあの独特な雰囲気のなかで、
少しでも動揺すると、解けなくなります。
そんな誘導にひっかかってはいけません。

そして、見た目ビックリな問題は、簡単な問題が多いことも
特徴のひとつです。

だから、なおさら、見た目にビックリさせられて
焦ってはいけないのです。
焦ったら負けです。
今回は金融資産運用で、この傾向がありました。
協会の試験らしいです。
試験問題作成担当者がいろいろと創意工夫している証拠です。

このように、協会実技は、丸暗記だけでは、対応できない感が多々ありました。
暗記して、かつ、しっかりと「理解」することが重要です。

これまで、合格率が95%前後という、あり得ない状況でしたから
これからは、合格率を下げていくんでしょうね。

今日はここまで~。



29

2012/05

お疲れ様でした

9:57:23 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
先日の27日・日曜日の本試験を受検された方々、お疲れ様でした。
まずは、ゆっくり、まったりしてください。
つかれたでしょう~・・・

今回から、もういい加減おなじみの本試験コメントを
懲りずに、数回にわたって、つづっていきます。
(受講生の中に、参考にしてくれている方々がおられるので・・・)
今回は、3級学科試験です。

【ライフプランニングと資金計画】
何回も書きますが、基礎知識しか出題されていません。
3級試験の場合、あまり細かい数字の暗記は要求されない傾向が
長くあったのですが(昔の話)、最近は、細かい数字も問題になっています。
一に理解、二に数字の暗記、ですね。

貸金業法に関する問題が1問ありましたが、こんなもん、解けなくてもいいんです。
1問落としただけで、不合格するようではだめですから。

【リスク管理】
過去問題の類似問題オンパレードです。
コメントしようがない・・・

【金融資産運用】
数問、理解度を試すような問題が含まれていました。
丸暗記では通用しないわけです。
それから、定番の複利計算は、出題されることが高確率で予想できたわけですから、
確実に正解できないとだめですよね。

【タックスプランニング】
この科目も、過去問題の類似問題満載です。
何度もクドクド言うようですが、過去問題の攻略が合格への早道です。
しかし、タックスの場合は、理解の深さも必要になってきます。

【不動産】
多分・・・ですが、私はFP講座の講師だから、不動産の問題を見ても
「簡単」と思うわけですが(当然、あたりまえ)、
受検性の立場になって考えると
「???」と感じる問題なんだろうなと思います。
そもそも、不動産を苦手とする受験生多いですから・・・
と、考えると、今回の本試験問題は、
やや対応しきれない問題が一部ありだったのかなと思います。
決して、難しいわけではないのですが、苦手意識がそうさせているのだと思います。
また、そもそもあんまり勉強していないからわからない、というパターンでしょう。

【相続事業承継】
難易度は適度にあるような、ないような・・・
部分的に、「こんなの知らない」という問題がありましたね。
でも、定番の法定相続分の問題は、確実に得点できないとだめです。

全体的に、いつもどおりの、いつもな感じの試験でしたね(どんなだっ?)。

やっぱり、当然に、過去問題は重要です。



22

2012/05

本試験直前の心得

9:41:42 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
本試験のウルトラ直前期です。
もうあとがありません。

ここまでくると、ジタバタしても仕方ないので、
とにかく体調管理が大切になってきます。

少し前(GW中)、どういうわけか、急な高熱と、のどのリンパ腺の腫れで
いきなり寝込みました。←私・・・なんで???

そんな体調絶不調の日が試験当日だったら
悔やんでも悔やみきれません。

やはり、ナニをするにも身体が資本です。

がんばってください。
検討を祈ります。



15

2012/05

本試験は、5月27日

10:32:15 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
試験まで、あと少しです。
試験勉強、どんな具合ですか???

今の時点で気を付けることは
「余計なことはしない」です。

試験直前期は、よくわからない不安感に襲われて
どういうわけか、新しいことに手を出しがちですが
それやってしまうと、ダメです。

今まで、自分が信じてきた教材を
ひたすら繰り返し繰り返し呪文のように唱えることです。

それが、直前期の最善の試験対策です。

それと、「絶対に合格するっ!!!」という気合いです。
気持ちですね。

病は気から・・・というように
合格は気持ちから・・・です。←ホントか?(笑)



大島 浩之

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。