行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

行政書士の仕事の1つに、古物商の許可申請があります。

警察に対する申請ですが、会社の場合には役員が変更したような場合にも、変更届を提出することになっています。

この前は、この変更届の依頼が来ました。

古物商の申請には、役員の住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書が必要です。
さらには、誓約書と会社ならば、会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明)も必要です。

単に、会社の役員が変更するだけでも、会社からすると、登記事項の変更から関係する許認可の変更届まで、各種の申請がついてまわります。

ちなみに、推測ですが、これに加えて、社会保険関係の届出などもあると思います。

日本という国が、非常に細かい行政国家であるということを再認識しますね。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。