行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

フォーサイトの配布している戦略立案編
というテキストにも書かれていますが、
勉強を継続するということは、なかなかハードルが高いことです。

そんなときには、まずは勉強をはじめてみることが大切です。
いわゆる作業興奮ということが起きて、
はじめはやる気がなくても、どんどんやる気が出てきます。

「今日は、何だかやる気が起きない」ということは誰にもあることだ。
このような場合、まず、勉強をはじめてみることが大切だ。
人間の脳は、どんなに嫌だったり興味がもてないことでも、
手をつけはじめることで刺激され、自己興奮し、そのうち集中力が高まってくる。
はじめから集中して物事に取り組んでいなくても、
やっていくうちに、「集中」があとからついてくるのだ。
これは心理学でいう「作業興奮」というものだ
(ドイツの心理学者E・クレペリンが発見)。

また、これも戦略立案編にありますが、
勉強を始めるハードルを低くして、勉強を始めやすくすることも有効です。

例えば、常にテキストをカバンの中に入れておき、
すぐに勉強できるようにしておく、
机の上には見えるようにテキストを置き、
CD・DVD プレーヤーも準備し、
思い立ったらすぐに勉強できるような状態にしておくこと
などを試してみてください。

さらには、三日坊主を嘆かないことも有効です。
三日坊主でも、3回繰り返せば9日間になります。
たとえ、途中で2・3日空いてしまっても、
相当な時間は勉強できます。

三日坊主になった場合には、そこで止めてしまうのではなく、
また少し間をあけてもいいので、再開することが大切です。

上記のように、まずは、どんな理屈をつけてもいいですし、
どんな方法でも良いので、毎日勉強することを目標にしてください。
勉強しないで合格することはできません。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。