行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方も、ここから気合を入れなおしていきましょう!

今回は、実務のお話を少し。

相続の相談は、いつも慎重になります。

遺言はないだろうか?
相続人は全員連絡が取れるだろうか?
相続財産の確認に漏れはないだろうか?

また、相談にいらした方のパーソナリティも重要な要素です。

人それぞれの性格や事情がありますので、
いつも同じような相談の流れという訳にもいきません。

ある程度のパターンはありますが、
その時々で、相談にいらした方が十分に納得できるような説明を
心掛けています。

また、相談の内容をある程度の文書にして渡すことなども重要です。
次回の時にご持参いただく書類などについても、
私たちは日常的に書類を扱いますので、あまり意識をしませんが、
多くの相談にいらした方には、日常的なものではありませんので、
迷わないように文書等で明記することも大切です。

これらのことは、相続の相談に限ったことではありませんが、
相談をお伺いする時には、いつも気にかけています。

皆さんも合格されて、開業された際には、
ぜひ、依頼者の良き相談相手になってくださいね。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。