行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方も、まだまだ挽回できます。
気合を入れなおしていきましょう!

今回は、相続実務にまつわるエピソードをご紹介します。

相続の手続の中には、色々な手続がありますが、
なかでも、銀行の手続は、割合と煩雑度が高いと感じます。

都市銀行などでは、専用のフォーマットがあり、
相続センターから手続の案内とともに送付してもらいます。

しかし、この専用フォーマットですが、各銀行で異なりますし、
なぜか遺産分割協議書を添付しても、その専用フォーマットにも
記入したり、相続人全員の実印での押印が必要だったりします。

つまり、めったに合わない相続人などが含まれる場合には、
遺産分割協議書の作成に際に、ちゃんと銀行関係の書類も準備しておかないと
まずいことになったりします。

また、銀行が3行とか4行くらいならいいのですが、
6行とかになると手間がかかります。

また、そのうちの1口座には5,000円くらいしか預金が無いとなると、
なかなか考えてしまうものもあります。

そんなこんなで、銀行口座の相続は、割と大変だというお話でした。

それでは、また。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。