行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

巷では、すっかり春めいて、お花見や入学式のシーズンですね。
こんなときでも、学習時間の確保は忘れないようにしましょう!

先日、TEDというアメリカの番組をネットで見ていたら、
面白い話を見つけました。

多くの方が、ご存知かもしれませんが、
せっかくなので、ご紹介しておきます。

講演をしたのは、アンジェラ・リー・ダックワースという方で、
米国ペンシルベニア大学心理学教授博士です。

彼女は、27歳のとき、経営コンサルタントをやめて、
ニューヨークの公立中学校の教師になります。

そこで、どの生徒も十分な時間をかけて一生懸命勉強すれば、
勉強ができるようになると感じます。

その後に、彼女は、自分の思いを研究するべく、
大学院に学び、心理学の博士になります。

そして、様々な研究の結果、どのような勉強や競争においても、
成功と失敗を分ける、ある要素が重要だとの結論に至ります。

それは、社会的知性ではありませんでした。
ルックスでも、身体的健康でもIQでもありませんでした。

それは「やり抜く力」でした。

彼女は、こう言います。

「才能と、やり抜く力は違うことです。
私たちのデータが、はっきり示す通り才能があっても、
純粋に最後まで決めた事をやり抜けない人たちがたくさんいます。
事実、データによればやり抜く力は、
才能の高さとは通常関係ない。むしろ反比例さえするのです。」

そして、いま彼女は、どうしたらこの
「やり抜く力」を育てることができるのかを
研究しているとのことです。

彼女は、このようにも言っています。

「やり抜く力とは、超長期目標に向けた情熱や忍耐力で、
スタミナがあることでもあります。
やり抜く力は、明けても暮れても自らの将来にこだわることです。
その週だけとかその月だけではなく、何年もの間、一生懸命に取組み、
その夢を実現することです。やり抜く力は、短距離走ではなく
マラソンを走るように生きることです。」

みなさんも、ぜひ、自分の中にある「やり抜く力」で、
行政書士試験を突破して下さい。

それでは、また。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。