行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
そろそろ、本番まで半年となります。スケジュールは大丈夫ですか。
怠らずに、反復しましょうね。

今回は、建設業の申請のお話です。

何度も書いていますが、建設業許可は行政書士にとっては、
非常に馴染み深い許認可の一つです。

その建設業許可の中でも、今回お話をするのは、
更新申請の申請期間についてです。

建設業許可更新申請の申請期間ですが、自治体によっても異なりますが、
千葉県の場合には、許可の有効期間の3か月前から、30日前までに申請してください、
と手引きには記載されています。

一見すると、許可の有効期間の30日前を過ぎると申請できないように読めますが、
そんなことはありません。

分かりにくいのですが、これは、30日前までに申請してください、という行政側のお願いです。
本当は、有効期間までは申請ができます。

できれば、手引きに注意書きとして、有効期間までは申請ができます、と書いておいて欲しいと思います。

自治体によっても異なりますが、利用者の側に立ったアナウンスが
あっても良いと感じます。

今回は、この辺で。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。