行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。学習は進んでいますか?

今回は、直接学習には関係ないのですが、
豆知識ということで、ご紹介したいと思います。

みなさん、ご存のとおり、行政上の強制執行全般についての通則法は、
基本的にはありません。

しかし、明治憲法下においては行政上の強制執行および即時強制の通則法として、
行政執行法(明治33年6月2日法律第84号)というものがありました。

この行政執行法ですが、規定が抽象的であり、
この法律に基づく即時強制や直接強制が濫用されたということで、
戦後には廃止されたという経緯があるのです。
その記憶もあってか、行政上の強制執行全般についての通則法は、
未だ制定されていません。

なお、ご存知だと思いますが、
「代執行」については行政代執行法が通則法となっています。

それでは、今回はこの辺で。



29

2018/04

商人間の留置権

11:56:15 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
学習は進んでいますか?

今回は、誌上講義です。
テーマですが、たまにご質問の来る、
行政書士試験の平成24年の第36問に出題されている、
商人間の留置権について、少し書きたいと思います。

まず、条文です。

商法521条
「商人間においてその双方のために商行為となる行為によって生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は、その債権の弁済を受けるまで、その債務者との間における商行為によって自己の占有に属した債務者の所有する物又は有価証券を留置することができる。ただし、当事者の別段の意思表示があるときは、この限りでない。」
となります。

留置権自体のイメージは、民法でも学習していますので、持てると思います。
そこで、この商人間の留置権の学習のポイントですが、民法との違いにあります。
すなわち、民法の留置権と異なり、債権がその占有物に関して生じていなくても、
その占有物に商事留置権が認められるので、
商人間における大量かつ継続的な取引によって生じる債権の回収を図ることができます。
たとえば、倉庫業者が債務者所有の動産を保管しているときに、
以前に全く別の契約により発生した保管代金の弁済を受けるまで、
当該動産を留置するといった場合が考えられます。

あとは、要件です。
(1)当事者双方が商人である
(2)債権の弁済期が到来していること
(3)留置権の目的物は、債務者の所有する物または有価証券であること
(4)被担保債権が、当事者双方のために商行為によって生じたこと

以上の点を理解しておくとよいでしょう。

今回は、この辺で。



23

2018/04

環境を変える

11:51:48 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
学習は進んでいますか?
ここのところ、季節の変わり目で、気温の変化が激しいですが、
体調に気をつけて頑張っていきましょう。

今回は、勉強時間の捻出というテーマで書きたいと思います。

やはり、多くの受験生の方が「勉強時間が捻出できない」という悩みをお持ちだと
思います。

よく私は、「スキマ時間を活用しましょう」とお話しますが、
それでも勉強時間が確保できないという方もいらっしゃいます。
もちろん、時間は有限ですので、
勉強時間が物理的に確保できないという状況には、対処法もありません。
しかし、どうして勉強時間が捻出できないような生活なのか、
という視点は持てると思います。

プロデューサーの秋元康氏は、
その著書「企画脳」の中で以下のような趣旨を書いています。

「自分の仕事がルーティンワークで回っている一日かどうか。
大きな流れの中で埋没してしまっている生活かどうか。」

「同じ川の流れの中でもがくのではなく、与えられた仕事のノルマをこなし、
酒を飲みに行って帰るというリズムから、どうやってはみ出すか。」

「習い性となった循環の中からはみ出さない限り、
同じ川の流れのまま流れていくしかないのだ。
新しい発想や企画が生まれるかどうかは、その決断にかかっている。」

学習するという決断をした後、
もし学習時間が捻出できないという状況にある場合には、
これまでの生活とは、どこかで変化する必要があるのだと思います。

また、勉強を頑張っていきましょう。



21

2018/04

行政書士への道

11:51:09 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。まずは、御礼です。

ユーチューブの企画「行政書士への道」ですが、おかげさまでご好評を頂いております。
当初は、チャレンジの意味合いが強かったのですが、
視聴回数も一定程度に安定してきてまして、
受講生の皆様にも受け入れていただいたと感じています。
ありがとうございます。

「通信講座だと、疎外感というか孤独感を感じる。」
「良い息抜き企画が欲しい。」

このような皆様のご要望にお応えして、生まれた企画ですので、
今後もどんどん皆様に役立つ情報をアップしていきたいと思っていますので
ご期待ください。

4月に入って、本試験まであと7ヶ月となりました。

気合を入れて、学習を進めていきましょう!

今回は、この辺で。



03

2018/04

心機一転

10:00:30 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の福澤です。

季節の変わり目ですが、みなさん、調子はいかがですか?
心機一転、と表題に書きましたが、
心機とは、心の働き・心のはずみ・気持ちをいうそうです。
それを一転させるということで、「気持ちも新たに 」、
何かに取り組むということを表しているそうです。

実は、私ごとですが、年度の切り替わりもありまして、
色々と煩雑な日常を送っています。
その中で、行うべきことや、行った方が良いことを、
何とか実行していますが、まだまだ足りないという感じです。

ちょっと、抽象的ですが、みなさんも、日常の忙しさに紛れて、
なかなか思い通りに事が運ばないことはあると思います。
そんなときこそ、「心機一転」、気持ちを切り替えて、頑張っていきましょうね。

さあ、深呼吸して、次のやるべきことを実行しましょう!

今回は、この辺で。



28

2018/03

キチンと丁寧に

10:00:01 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
今回のテーマは、「キチンと丁寧に」というものです。

これだけだと、何のことか分かりませんが、
学習でも生活でも、一つ一つを適切に行うということ、
雑ではなく丁寧に行うということ、
このような意味を込めて「キチンと丁寧に」と書きました。

たとえば、部屋の掃除や机上の片づけが滞っていて、
雑然とした部屋と雑然とした机があるとすると、なかなかやる気が出ないものです。
もちろん、どんな環境でも学習はできますが、
もし、あまり学習意欲が湧かなくて、
最近、学習が進んでいないという場合には、ご自身の環境の良し悪しを、
見直してみてください。

精神的に安定し、充足されていないと、ご自身でも気が付かない部分で、
生活の荒れは起こると思います。
余裕がなく、慌てているような場合にも、
同じように生活がどこか荒れてしまうものではないかと思います。

そのような状況になったときには、一度、少し立ち止まってみて、
ご自身の身の回りのことを、一つ一つキチンと丁寧に整えてみることが良いのではないかと思います。

最近、ちょっと停滞しているな、と感じている方は、ぜひ試してみてください。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
3月に入り、学習の進み具合はいかがでしょうか?
調子の良い方は、どんどん先に進みましょう。
今ひとつという方は、少し気分を変えて、ここから挽回していきましょうね。

この時期になると、合格者インタビューがあります。
毎年、フォーサイトの行政書士講座を受講されて合格された方に来ていただき、
実際に、色々なお話を伺おうという企画です。
毎年、男性・女性ともに、様々な年代や職業の方がご協力をしてくださいまして、
おかげさまで非常に人気の企画となっています。
そして、現役の受験生の皆さんにとっては、面白いだけではなく、
非常に役に立つものだと思います。

合格者の中には、お仕事をお持ちの方や、子育てが忙しい時期の方もいらっしゃいます。
そんな時間のない中でも、色々な工夫をして、勉強を積み重ねられています。
このような話を伺うと、本当に勇気づけられます。

ただ、このような体験談は、ただ聞いただけでは、あまり意味がありません。
このような学びをより活用するためには、
「参考になるな」、「なるほど」と思ったことを、
たとえば手帳やノートなどに書き出して、
それが自分にはどのように生かすことができるかを考える必要があります。
このような、自分に落とし込むという作業を行わないと、
せっかく得た知識も、単なる知識としてお蔵入りになるだけです。

「学ぶ→自分のものにする」

このような工夫を、常に心がけておくとよいと思います。

今回は、この辺で。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
3月に入り、暖かい日と寒いが交互にやってくる印象ですね。
また、花粉も飛んでいますので、私も含めて花粉症の方は、つらい季節ですね。

早速ですが、ご好評を頂いていますYouTubeの動画「行政書士への道」ですが、
少しリニューアルしました。

どこが変わったかというと、スキマ時間でご視聴できるように、
動画の時間を短めにしました。
それから、内容も受講生の皆さんのフォローを主眼において、
受講中の皆様にも役に立つような情報を発信していこうと思っています。

リニューアルの第1回目は、
「3月から行政書士試験に合格するには!?【行政書士への道#9 福澤繁樹】」
というタイトルで、3月からのスケジューリングについてお話をしています。

気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。
動画は、YouTubeの「通信教育のフォーサイト」からご視聴できます。

3月は、年度末でバタバタしますが、きちんと計画的に学習をしていきましょう。
今回は、この辺で。



28

2018/02

継続していくもの

10:00:55 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

今回は、最近感じたことを書きたいと思います。

みなさんもご存知のとおり、法律というものは不変の存在ではありません。
そもそも人為的なものですし、社会の構成要素の一つですので、
社会の変遷に併せてどんどん変更されていきます。
したがって、法律を学習する者は、当然の宿命として、
ずっと勉強しなければなりません。
このことは、とても面倒くさいと感じますが、よくよく考えてみると、
日常生活もどんどん変化していますので、
その意味では、人はどのように生きても、社会と関わっている限りは、
常に学習することからは逃げられない存在なのかもしれません。

私の子供の頃は、現在のようにコンピュータやネットは発達していませんでした。
私の母親が「家にテレビが来た日を覚えている。」というように、
私自身も、家にパソコンが来た日も、携帯電話を持った日も、
スマホを初めて持った日も覚えています。
同じように、法律の世界も、どんどん変化し、昔は商法があり、
有限会社法がありましたが、その後に商法と会社法になりました。
長らく変わっていない民法も、とうとう債権法分野が改正されました
(施行はまだ先です)。
したがって、また新しい民法を学習しなければなりません。
ビックデータの時代が来たということで、
官民データ活用法や個人情報保護関係の法律もどんどん制定・改正されています。

そう考えると、資格試験の学習も特別なことではないのかもしれません。
どうせ、色々なことを学習して生きているのですから、
こうなれば、どんどん学習にハマっていきましょう。

学習にハマれば、結果は自ずとついてきます。

お互いに、頑張っていきましょうね。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

突然ですが、皆さんは、気分のコントロールが上手な方ですか?
「上手です」という方は、素晴らしいです。
そして、とても羨ましいです。

こんな事を書くくらいですので、私は気分のコントロールが下手です。
まあ、点数が出るわけではありませんので、
私の主観ですが、自分では、上手いとは思いません。

たとえば、午前中に腹の立つ事があると、
夕方頃までそのイヤな気分を引きずってしまいます。
そして、気分転換にと始めたゲームや読書などで時間をとってしまい、
やるべきことが、終わらないという事もあります。
こう書いていても、自分でもダメな感じです。
もちろん、イヤな事がない時もありますが、
凡人ですので、しょっちゅう腹が立ったり、イライラすることがあります。

みなさんもご存知かもしれませんが、このような場合の対処としては、
アンガーコントロールというのがあって、
上手にできると、気分のコントロールに良いそうです。
一度興味があって本を読んでみましたが、私には、ちょっと難しく感じました。
なので、結局、そのままです。
それでも自分なりに、いつも「気分転換、気分転換」と思ってすごしています
(もしかしたら、このことがすでに間違いな気がして来ましたが‥‥)。

いずれにしても、気分のコントロールが上手く行かないと、
なかなか物事がはかどりません。
本当に、何とかしないと・・・。

今回は、この辺で。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。