行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
3月に入り、暖かい日と寒いが交互にやってくる印象ですね。
また、花粉も飛んでいますので、私も含めて花粉症の方は、つらい季節ですね。

早速ですが、ご好評を頂いていますYouTubeの動画「行政書士への道」ですが、
少しリニューアルしました。

どこが変わったかというと、スキマ時間でご視聴できるように、
動画の時間を短めにしました。
それから、内容も受講生の皆さんのフォローを主眼において、
受講中の皆様にも役に立つような情報を発信していこうと思っています。

リニューアルの第1回目は、
「3月から行政書士試験に合格するには!?【行政書士への道#9 福澤繁樹】」
というタイトルで、3月からのスケジューリングについてお話をしています。

気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。
動画は、YouTubeの「通信教育のフォーサイト」からご視聴できます。

3月は、年度末でバタバタしますが、きちんと計画的に学習をしていきましょう。
今回は、この辺で。



28

2018/02

継続していくもの

10:00:55 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

今回は、最近感じたことを書きたいと思います。

みなさんもご存知のとおり、法律というものは不変の存在ではありません。
そもそも人為的なものですし、社会の構成要素の一つですので、
社会の変遷に併せてどんどん変更されていきます。
したがって、法律を学習する者は、当然の宿命として、
ずっと勉強しなければなりません。
このことは、とても面倒くさいと感じますが、よくよく考えてみると、
日常生活もどんどん変化していますので、
その意味では、人はどのように生きても、社会と関わっている限りは、
常に学習することからは逃げられない存在なのかもしれません。

私の子供の頃は、現在のようにコンピュータやネットは発達していませんでした。
私の母親が「家にテレビが来た日を覚えている。」というように、
私自身も、家にパソコンが来た日も、携帯電話を持った日も、
スマホを初めて持った日も覚えています。
同じように、法律の世界も、どんどん変化し、昔は商法があり、
有限会社法がありましたが、その後に商法と会社法になりました。
長らく変わっていない民法も、とうとう債権法分野が改正されました
(施行はまだ先です)。
したがって、また新しい民法を学習しなければなりません。
ビックデータの時代が来たということで、
官民データ活用法や個人情報保護関係の法律もどんどん制定・改正されています。

そう考えると、資格試験の学習も特別なことではないのかもしれません。
どうせ、色々なことを学習して生きているのですから、
こうなれば、どんどん学習にハマっていきましょう。

学習にハマれば、結果は自ずとついてきます。

お互いに、頑張っていきましょうね。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

突然ですが、皆さんは、気分のコントロールが上手な方ですか?
「上手です」という方は、素晴らしいです。
そして、とても羨ましいです。

こんな事を書くくらいですので、私は気分のコントロールが下手です。
まあ、点数が出るわけではありませんので、
私の主観ですが、自分では、上手いとは思いません。

たとえば、午前中に腹の立つ事があると、
夕方頃までそのイヤな気分を引きずってしまいます。
そして、気分転換にと始めたゲームや読書などで時間をとってしまい、
やるべきことが、終わらないという事もあります。
こう書いていても、自分でもダメな感じです。
もちろん、イヤな事がない時もありますが、
凡人ですので、しょっちゅう腹が立ったり、イライラすることがあります。

みなさんもご存知かもしれませんが、このような場合の対処としては、
アンガーコントロールというのがあって、
上手にできると、気分のコントロールに良いそうです。
一度興味があって本を読んでみましたが、私には、ちょっと難しく感じました。
なので、結局、そのままです。
それでも自分なりに、いつも「気分転換、気分転換」と思ってすごしています
(もしかしたら、このことがすでに間違いな気がして来ましたが‥‥)。

いずれにしても、気分のコントロールが上手く行かないと、
なかなか物事がはかどりません。
本当に、何とかしないと・・・。

今回は、この辺で。



14

2018/02

花粉症の季節

11:55:09 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
法律の学習は、繰り返すことが大切です。
丁寧な一回よりも、拙速の三回です。
どんどん進みましょう。

突然ですが、みなさんは花粉症ですか?
私は、花粉症です。
(ちょっと日本語が、おかしいですね)

ですから、この時期は憂鬱です。

とりあえず、先日、いつもの耳鼻科に行って、お薬を処方してもらいました。
この薬も、いつもの薬です。
昨年の記録を見返してみると、2月4日に行っていますので、ほぼ例年通りです。

今年の花粉の予想は、スギ花粉のピークは、
福岡では2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋では3月上旬から中旬だそうです。
東京のピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長いということです。
ただし、花粉の量は例年なみということです。

花粉症だけではなく、春先は、乾燥・インフルエンザ・寒暖差などで、
とかく体調を崩しやすい時期です。
できるだけ、早期に予防して、毎日のノルマの消化に影響が出ないように過ごしたいものです。みなさんも、できるだけご自愛くださいね。

今回は、この辺で。



09

2018/02

弁護士4万人突破

11:53:06 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
法律の学習は、繰り返すことが大切です。
丁寧な一回よりも、拙速の三回です。
どんどん進みましょう。

今回は、気になるニュースのご紹介です。

先日の報道で、国内の弁護士が平成30年1月25日現在で、初めて4万⼈を突破して、40,103人となったそうです。
弁護士の数は、この10年で1.5倍に増加しているそうです。
そして、肝心の訴訟関係の仕事ですが、この10年で、倍増というわけではなく、
一時的な過払い金バブルを除けば、ほとんど横ばい状態だそうです。
ということは、弁護士の業界では、限られたパイを巡って熾烈な競争が行われている状況にあるということになります。
弁護士の業界では、司法修習が終わると、どこかの事務所にイソ弁で入り、しばらくして独立というのが定番でした。
しかし、昨今では、いきなり独立する「ソクドク」や、既存の事務所の軒先を借りて仕事をする「ノキ弁」、自宅事務所の「タク弁」というような、昔では考えられないような就職状況にあるようです。
このような業界の状況を受けて、司法試験の受験者数も、どんどん減少しているようですので、優秀で多様な人材の確保という司法制度改革の精神にも反しているように思えます。

このような状況は、日本の法曹界にとっては、あまり好ましくないといえるのではないでしょうか。

政府には、早急な対応が求められると思いますが、あまり有効な対策や議論はなされていないような気がします。

今後の推移を見守りたいですね。



29

2018/01

目標設定

10:00:50 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
法律の学習は、繰り返すことが大切です。
丁寧な一回よりも、拙速の三回です。
どんどん進みましょう。

今回は、目標の話です。

もちろん、みなさんの最終目標は行政書士試験の合格ですが、
いきなり最終目標だけを掲げるのは、あまり意欲の湧かない話です。
みなさんもご存知だと思いますが、このようなときには、大目標、
中目標、小目標というように、目標を細分化することが良いと思います。

たとえば、大目標が行政書士試験合格だとすると、
中目標は、夏までに一通りの科目をマスターすることとして、
そのためには、1月には基礎法学と憲法、2月・3月で民法、
4月・5月で行政法、6月で商法、7月で一般知識というように、
到達の目標値を決めます。
もちろん、これは一例ですので、もっと細かい単位で、
サーキットトレーニングのように、科目を回してもOKです。
たとえば、月曜日は基礎法学と憲法、火曜日は民法、水曜日は行政法、木曜日は商法、
金曜日は一般知識、土日は補強したい科目というような感じでもOKです。

大切なことは、小目標については、過大な目標を掲げないことです。
目標が大きいことは良いことですが、プレッシャーになりすぎて、
勉強に取り掛かることが億劫になってしまっては逆効果です。
最初は、少しでも良いので、手を付けることから初めて、
徐々に時間を増やしていけるようにしていくのも一手です。
もちろん、自信のある方は、どんどん進んでOKです。

資格試験の勉強は、やはり勉強量がものをいいます。
そのためには、まずは自分が学習に向かう契機を作ることが大切です。
目標設定は、日常生活に流されないで学習するための一つのツールだと思います。

もし、少しでも参考になれば、試してみて下さいね。

今回は、この辺で。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
どんどん進んでいきましょうね。

今回は、2016年9月26日に内閣総理大臣決裁により設置された内閣総理大臣(第97代)・安倍晋三の私的諮問機関である「働き方改革実現会議」が、
平成29年3月28日に決定した、働き方改革実行計画から、その概要を一部ご紹介したいと思います。

この計画の冒頭に、(2)今後の取組の基本的考え方、という項目があり、そこには、このように記されています。

「働き方改革は、社会問題であるとともに、経済問題であり、
日本経済の潜在成長力の底上げにもつながる、第三の矢・構造改革の柱となる改革である。」

ちょっと長くなりますが、以下にこの意味を詳細にご紹介します。

「日本の労働制度と働き方には、労働参加、子育てや介護等との両立、転職・再就職、副業・兼業など様々な課題があることに加え、労働生産性の向上を阻む諸問題がある。」

まず、このように述べて、その諸問題が紹介されます。

その1つ目は、正規と非正規の格差です。

「正規」、「非正規」という2つの働き方の不合理な処遇の差は、正当な処遇がなされていないという気持ちを「非正規」労働者に起こさせ、頑張ろうという意欲をなくす。これに対し、正規と非正規の理由なき格差を埋めていけば、自分の能力を評価されていると納得感が生じる。納得感は労働者が働くモチベーションを誘引するインセンティブとして重要であり、それによって労働生産性が向上していく。」

2つ目は、長時間労働です。

「長時間労働は、健康の確保だけでなく、仕事と家庭生活との両立を困難にし、少子化の原因や、女性のキャリア形成を阻む原因、男性の家庭参加を阻む原因になっている。これに対し、長時間労働を是正すれば、ワーク・ライフ・バランスが改善し、女性や高齢者も仕事に就きやすくなり、労働参加率の向上に結びつく。」

3つ目は、転職が可能な労働市場です。

「単線型の日本のキャリアパスでは、ライフステージに合った仕事の仕方を選択しにくい。これに対し、転職が不利にならない柔軟な労働市場や企業慣行を確立すれば、労働者が自分に合った働き方を選択して自らキャリアを設計できるようになり、付加価値の高い産業への転職・再就職を通じて国全体の生産性の向上にもつながる。」

と結論づけています。

そして、このことを実現していくためには、パートタイム労働法、労働契約法及び労働者派遣法の改正を図ることで、実現していこうとしています。
このような計画に基づき、今後も労働法関係の制度設計や法改正が活発になされていくだろうと予想されます。行政書士試験にも関係の深い分野ですので、引き続き注視していきたいと思っています。

今回は、この辺で。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
新年になって、気合も十分だと思いますので、どんどん行きましょう!

今回は、自分をコントロールするというお話です。

いわずもがなですが、資格試験の勉強では、セルフコントロールが重要になります。
自分で自分をコントロールできることは、いわば当然のように感じますが、
意外に、これが難しいものです。

朝は、「今日は、○○ページまで進めよう!」と決意しても、
夕方には、
「今日は、いまいち調子が出ないから、このあたりで切り上げよう」というように、
怠ける自分を止められないというような経験は、誰にでもあると思います。

また、嫌なことがあった日などは、気分が塞ぎ、勉強する気分になれない、
ということもあるかと思います。

もちろん、私にもあります。
しかし、資格試験に合格するためには、勉強量が必要です。
したがって、気分のムラや気分の落ち込みなどがあっても、
淡々と学習をこなすという仕業が求められます。

私自身は、かなり気分屋なので、この点では、非常に苦労しています。
そんな私の対策としては、最初のハードルを下げるということを心がけています。
たとえば、まずは5分間でもいいので手をつけるとか、
勉強しやすい環境を整備するとかです。
それから、気分が悪い場合には、心がけて気分転換をするということも行っています。
好きな音楽を聴くとか、時間を決めてウォーキングをするなどです。

いずれにしても、自分をコントロールするのは大変なことです。
みなさんも、自分にあった方法を早く見つけてくださいね。

今回は、この辺で。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
調子が今ひとつという方も、ここからエンジンかけて行きましょう!

お正月休みも終わり、そろそろ社会復帰する時期ですが、
行政書士会では1月は新年会がたくさんあります。
全国組織である連合会、各単位会、所属する支部と、会の関係だけでも3回もあります。
また、お客様との新年会もありますので、
「いつ、お屠蘇気分が抜けるんだ?」という感じです。

話は変わりますが、
今年から「行政書士への道~Shining Future」という動画コンテンツに挑戦しています。
すでに、動画がアップされていますので、機会があれば見てくださいね。
短めの動画を通して、
普段の講義ではなかなか言及できないような事柄にも触れていきたいと思っています。
まだまだ始まったばかりで、手探り状態ですが、
皆さんに有益なものになるように頑張っていきたいと思います。

ぜひ、お楽しみに!



28

2017/12

年末年始

10:00:39 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
どんどん進んでいきましょうね。

あっという間に、年の瀬ですね。

このブログも、なんとか1年、乗り切ることができました!

今年も、読んでいただいて、ありがとうございました。

年末年始は、行政書士の仕事は、官庁と連動することが多いですので、
年内は、2017年12月28日が仕事納め、
2018年1月4日が仕事始めというところが多いと思います。

私も、年末年始はゆっくりお休みと言いたいところですが、
差し迫った仕事が多いので、例年通り、近場に出かけるくらいです。

毎年のことなので、あまり気になりませんが、
自営業者というのは、あまり長期休暇には縁がないものかもしれません
(私だけかもしれませんが・・・・)。

今年も、色々とありがとうございました。
みなさまも、どうぞ良いお年をお迎えください。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。