ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。
 
先日、IPアドレスとURLの関係に関するご質問を受けました。

ネットワークに接続されたコンピュータごとに
1つのIPアドレスが割り当てられていて、
コンピュータどうしが通信を行う場合には、
そのIPアドレスを頼りに行われることは理解できるのだけれども、
そうであれば、URL1つ1つにもIPアドレスが割り振られているのか、
というご質問でした。

いわれてみれば、弊社のテキストをごらんになった場合、
そのように解釈することもできるかもしれません。

しかし、IPアドレスはネットワークに接続されている
コンピュータというハードに1つだけ割り振られているものとお考えください。

IPアドレスはネットワークに接続されている機器ごとに割り当てられています。
PCに1つ、(無線)LAN接続のプリンタに1つ、スマホに1つ、・・・といった具合です。

私たちが自分のPCからあるHPをみようとするとき、
自分のPCとwwwサーバが通信を行うことになり、
自分のPCはwwwサーバに付けられたIPアドレスを頼りに、
「サイトを見せて」とリクエストを出すことになります。

そのwwwサーバさえ分かれば、
あとは、そのコンピュータに保存された各種ページを見ればいいわけですから、
ページごとにIPアドレスはいらないということがおわかりいただけると思います。

URLとIPアドレスの関係は、jpなど国名までの部分と対応しているということですね。

例えば、www.foresight.co.jp 
→192.168.101.101などと対応しています。

URLでそれに続く部分は「192.168.101.101」
というIPアドレスを持つコンピュータ内にあるファイルですから、
「192.168.101.101」さえわかれば、
そのコンピュータの中を探すだけで、
すぐに呼び出すことができます。

したがって、HPごとにIPアドレスが設定されているわけではなく、
HPが保存されているサーバにIPアドレスが1つ割り当てられているわけです。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。