ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

同じ

皆さん、こんにちは!
ITパスポート講座担当の小野です。
私はまだ休み気分が抜けませんが、皆さんはもう通常モードに戻りましたか?

ITパスポート試験は全国各地で毎週のように実施されています。
そこで
「もしかしたら同じ問題が繰り返し出題される? 
 翌週もう一度受験したらそっくりそのまま同じ問題が出題される?」
なんて疑問が生じるかもしれません。

もちろん、そんなことはありません(笑)。
試験実施機関は一定数量の問題をプールしていて、試験会場では、
試験を受けている個人ごとに、問題プールの中からランダムに出題されます
(もちろん、領域ごとの出題数量などは調整されているはずです)。
つまり、同じ会場で試験を受けていても、受験者ごとに、
コンピュータ画面に表示されている問題が異なることも十分あり得る試験なんです。

ITパスポート試験はこのような仕組みで試験が実施されています。
膨大な数の問題がプールされているはずですから、
10回くらい受験しても同じ問題に遭遇することはないと思います。
確率的には試験問題全部が全く同じ問題に出くわすこともあり得ますが、
数万分の一とか数十万分の一の確率になっているはずです。
ただ、同じ問題が1~2問出題される可能性はもしかするとあるかもしれません。

試験を受ける立場からすれば、
同じ問題が出ないという前提で試験に挑んだほうがいいと思います。
ITパスポート試験は50%位の合格率の試験です。
少しだけ本気モードで勉強して一発合格を決めてしまいましょう!



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。