ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

 皆さん、こんにちは!
ITパスポート講座担当の小野です。
秋も深まってきて、寒い日が増えてきました。
皆さん体調管理には十分気をつけて!

 今回はクロック計算の問題を取り上げたいと思います。
小数点以下の桁数が多くなり、計算しにくい問題ですね。
以前も取り上げたご質問ですが、計算しにくいからか、よくご質問いただきますので、改めて取り上げたいと思います。

問題)クロック周波数2GHzのプロセッサにおいて一つの命令が5クロックで実行できるとき、一命令の実行に必要な時間は何ナノ秒か。

 どうしても「0」の数が多くなるので、
  ・並べて対応させながら
  ・「0」を区切りながら
 計算すると、多少わかりやすくなるかもしれません。

  2GHzのプロセッサ 
  ↓ 単位を変換します。Gは1,000,000,000倍ですね。
  2,000,000,000Hzのプロセッサ

  →1秒  2,000,000,000クロック
  →?秒  1クロック

 2,000,000,000クロックの計算するために1秒かかります。
 では、1クロックの計算をするために何秒かかるでしょう?
 
  →?秒=1秒÷2,000,000,000クロック
    =0.000 000 000 5秒

  → 1秒  2,000,000,000クロック
  →0.000 000 000 5秒  1クロック

 「0」を3つずつに区切ると見やすくなるかと思います。

 では、5クロックの計算を行うために何秒かかりますか?

  5クロック分の時間=0.000 000 000 5秒×5クロック
         =0.000 000 002 5秒
         =0.000 000 001×2.5秒
         =2.5n秒

 桁数が大きいと、なぜこの計算をすればいいのか分からなくなることもあります。
 そういったときには、桁を小さくして例題を考えましょう。

例)1秒間で4回の計算(4クロック)ができます。1回の計算をするために何秒かかりますか?

  →1回(クロック)当たりの計算時間は=1秒÷4回=0.25秒
 
 4回(クロック)の部分が2,000,000,000回(クロック)に変わるだけです。

 このように段階的に考えてきましょう!



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。