ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

先月より、ITパスポートの合格率について、ちょっと詳しい分析を行っています。今月は社会人の職種別合格率をちょっと詳しく分析してみましょう。職種別合格率は次の通りです。

職種 合格率 受験者
教育(学校、研究機関) 70.53% 1,707人
製造業 67.15% 7,992人
金融・保険業、不動産業 65.46% 5,099人
医療・福祉業 63.55% 1,026人
官公庁、公益団体 62.32% 5,196人
農業、林業、漁業、鉱業 61.44% 153人
調査業、広告業 61.16% 569人
運輸・通信業 60.49% 4,612人
ソフトウェア業 60.45% 9,814人
電気・ガス・熱供給・水道業 59.87% 1,064人
卸売・小売業、飲食店 59.78% 3,891人
無職、その他無記入 58.09% 11,222人
建設業 57.34% 2,206人
社会人平均 57.03% 101,414人
情報処理・提供サービス業 53.51% 24,045人
コンピュータ及び周辺機器製造又は販売業 50.82% 11,868人
サービス業 47.78% 10,950人

 

社会人平均は下から4行目にあるとおり57.03%です。

ちょっと驚きなのが、コンピュータ関連だと思われる

職種に就いている方の合格率はそれほど高くないことです。

ソフトウェア業が60.45%、情報処理・提供サービス業が53.51%、

コンピュータ及び周辺機器製造又は販売業が47.78%となっています。

この原因として考えられるのは、

ITパスポート試験をコンピュータ関連の試験だと思っていたら、

経営の知識などコンピュータに関係のない事柄も結構出題されるので、

ちょっと意外だったというものだと思います。

このことからも、ITパスポート試験がITを業務の中で

使うために必要な知識が問われるということが証明されていると思います。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。