社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

実力アップ

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

10月も間もなく終わりです。
11月になると、平成30年度試験の合格発表、
受験された方は基準点が気になるところではないでしょうか。

さて、今回は、択一式対策に関することです。

択一式、知識の定着や理解度によって、正解率が大きく違ってきます。
ですので、学習の初期の頃は、問題を解いたときに間違えが多くても、
あまり気にする必要はありません。

ある程度学習が進んだところで、間違えてばかりというような状況であった場合は、
一度、基本を見直しましょう。
それに対して、さらに実力をアップしたという場合、
幅を拡げようとする方がいますが、必ずしも、それは実力アップにはつながりません。

考え方に多面性を持たせるなど、質を上げるということのほうが
実力アップにつながります。

たとえば、保険に関する法律では、不服申立ての制度がありますが、
審査請求をすることができる期間は、法律では、
「処分があったことを知った日の翌日から起算して3カ月を経過したときは、
することができない」
と規定しています。
これって、反対に解釈をすれば、「3カ月以内」であれば、審査請求をすることができる
という意味になります。

この例は簡単なことですが、このような解釈方法を身に付けることで、
応用問題などへの対応力が上がり、得点アップにもつながります。

ですので、学習を進める中で、このような解釈方法を身に付けていきましょう。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。