社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

11月8日(金)に
令和元年度社会保険労務士試験の合格発表がありました。
合格された方、おめでとうございます。

さて、その合格発表について、この発表の際には、合格者数や合格率、合格基準など
も発表されます。

令和元年度試験の合格者数は2,525人(前年2,413人)でした。
合格率は6.6%でした。
前年度の6.3%、前々年度の6.8%に引き続き6%台でした。
ここ3年、平成27度(2.6%)、28年度(4.4%)に比べれば高いですが、
それ以前の20年間は、ほぼ7%台から9%台で推移していたので、
それと比べると低い水準といえます。

合格基準点については

<選択式試験>
総得点:26点以上 
各科目:「社会保険に関する一般常識」につき2点以上
その他 3点以上

<択一式試験>
総得点 43点以上 
各科目につき4点以上 

でした。

科目別の基準点の引下げについて、
選択式は毎年のように何らかの科目の引下げがあるので、例年どおりといえ、
特に驚くようなことではないでしょう。
択一式の科目別の基準点は、
平成26年度試験で1科目、平成28年度試験で3科目、平成29年度試験で1科目
について引下げあり、ここのところ、引き下げられる年度が増えていますが、
令和元年度試験においては、昨年と同様に引下げはありませんでした。

トータルの基準点は、全受験者の平均点の変動に応じて、毎年度補正が行われるのに
対して、科目別の基準点は、各年度の受験者の得点状況に応じて引下げの補正を
行うようにしていて、各科目の合格基準点(選択式3点、択一式4点)以上の受験者
の占める割合が5割に満たない場合は、合格基準点を引き下げ補正することになって
います。
令和元年度試験では、この要件を満たす科目が選択式で2科目ありました!
ただ、「引き下げ補正した合格基準点以上の受験者の占める割合が7割以上の場合」は、
試験の水準維持を考慮し、原則として引き下げを行わないこととしています。
この扱いにより、「労務管理その他労働に関する一般常識」は引下げが行われず、
「社会保険に関する一般常識」だけが引き下げられました。

そのほか、詳細は試験センターの
「第51回(令和元年度)社会保険労務士試験についての情報」
をご覧ください。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。