社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

shutterstock_447596347

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

明日からの3連休、どのように過ごす予定でしょうか?

さて、年度末になると、毎年のことですが、改正を定めた法令がいくつも公布されます。
年によって、多いときもあれば、少ないときもありますが、
改正が多いから、試験で改正点の出題も多い、ってことにはなりません!

改正が多いのに・・・改正点があまり出題されなかった、
なんてことが、過去にはあります。
逆に、改正は少ないけど、そこが出題されたということもあります。

令和2年度試験に向けては、
「労務管理その他の労働に関する一般常識」に含まれる法令で、
いくつも改正が行われています。

主だったものとして、労働者派遣法、障害者雇用促進法、パートタイム・有期雇用労働法が
挙げられます。
いずれも重要な箇所があります。

それでは、これらの改正がどれだけ出題されるのかを考えると、
まず、前提として、
労務管理その他の労働に関する一般常識、択一式での出題は5問、25肢ということがあり、
そのため、改正が多いといっても、出題が極端に多くなるかといえば・・・
そうとはいえません。
ただ、改正点はしっかりと対策をする受験生が多いので、そこで差をつけられないように、
出題されたときは、しっかりとした対応ができるようにしておく必要があります。

それでは、試験までおよそ5カ月、しっかりと勉強を進めてください。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。