社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

8月23日に、

令和2年度の社会保険労務士試験が行われました。

 

フォーサイト専任講師の加藤です。

 

受験された方、お疲れ様でした。

受験された感想は、いかがでしょうか?

試験直後、一番気になるのは「合格基準点」ではないでしょうか?

そこで、「合格基準点」に関して、

選択式については、平成13年度以降、平成19年度を除き、毎年度、

何らかの科目の基準点が引き下げられています。

基準点の引下げがあるのか、ないのか、どの科目の基準点が引き下げられるのか、

それによって、結果が大きく変わってくる受験者がたくさんいます。

今回も、科目別の基準点の引下げがありそうです。

「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、ほとんどの受験者が驚いたような

内容でしたから、苦戦された方が多かったようです。

そのため、基準点の引下げの可能性が高いです。

 

そのほか、「労働基準法及び労働安全衛生法」や「社会保険に関する一般常識」も

難しい空欄があるので、受験者の得点が伸びないことが考えられるため、

基準点の引下げの可能性があります。

この3科目以外では、もしかしたら、「健康保険法」が引き下げられるかもしれませんが、

その他は、引下げはないでしょう。

 

全体的に見た場合、

極端に難しかったり、易しかったりというようなものではなかったので、

前年度と比べて大きく変わることはなく、26点前後ではないでしょうか。

択一式は、全体として見ると、極端に難しいということはなく、

また、個数問題(いくつあるかという問題)が少なくなっていることから、

前年度よりは得点しやすいといえます。

そのため、前年度よりは基準点が上がり、44点前後になるのではないでしょうか。

 

得点状況が微妙な方は、基準点が、かなり気になるかと思いますが、

まずは、少しゆっくりして下さい。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。