社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の加藤です。

令和2年度、今日を含めて残り6日ですね。

年度末ということで仕事が忙しいという方もいるでしょうが、

勉強は順調に進んでいるでしょうか。

さて、先月、令和3年度の年金額についてお知らせしましたが、

令和3年度の年金額(老齢基礎年金の満額)である780,900円、

これって、過去の年金額と比べて上がっていると思いますか?

新法施行時の昭和61年度は622,800円でしたから、これに比べれば、

かなり上がっているといえます。

その後、平成元年度は666,000円、平成6年10月からは780,000円、

平成11年度は804,200円と着実に上がっていました。

ところが、平成15年度は797,000円、

そして、平成16年度に法定額が780,900円とされました.

ただ、この当時は、物価スライド特例措置というものがあって、

実際の年金額は794,500円でした。

こうして見ていくと、

現在の年金額は、25年ほど前とほとんど変わっていないのです!

令和3年度からマクロ経済スライドの仕組みが見直され、

賃金が物価よりも低下する場合には、賃金の低下に合わせて年金額を改定するように

なったので、20年前の水準まで上がるのは、しばらく先になるのではないでしょうか。

ちなみに、保険料額は、昭和61年度は7,100円でしたから、

現在、2倍以上になっているんですよね!



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。