社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。

先日、平成25年度の社労士試験の合格発表がありました。

択一式の合格基準点は46点以上でした。
ここ5年間の択一式の合格基準点は
44点 48点 46点 46点 46点
となっているので、平均的なラインだったといえるでしょう。

これに対して、選択式ですが、総得点21点以上と、
選択式となって、もっとも低い点になりました。
確実に得点できる科目もありましたが、
1~2点しか取れないような問題がいくつもあったためといえます。

「社会保険に関する一般常識」は、厚生労働白書からの出題でしたが、
「1点」まで、基準点が下がりました。

労災保険法も、多くの受験生が苦戦した科目でしたが、
「2点」に下がっています。

このように、基準点からわかることですが、
多くの受験生が、しっかりと得点する科目は、ちゃんと得点しなければならない、
逆に、多くの受験生が得点できないものは、基準点が下がる可能性が高い、
つまり、基本を固めて、とれる問題を確実に得点していくことが、合格につながる
ってことです。

平成26年度試験の合格に向けて、
まずは、基本を1つ1つ、正確に押さえていきましょう。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。